So-net無料ブログ作成
40.前方後円墳の起源 ブログトップ

40-1.方形周溝墓から前方後方墳 [40.前方後円墳の起源]

古墳時代は最古の大型前方後円墳である箸墓古墳(墳丘長276m)の築造から始まると考えられている。国立民俗博物館は、箸墓古墳周辺から出土した土器に附着した炭化物を炭素14年代測定により、箸墓古墳の築造年代が240年から260年であると、平成21年に考古学協会総会で発表し、翌々年の研究報告にその詳細を掲載した。炭素14年代測定の考古学への応用は、それまでに色々と発表されているが、もうひとつ信頼性に欠けるものであったが、国K1箸墓古墳.jpg立民俗博物館のチームは、日本産樹木の年輪に基づいた炭素14年代の較正年代と、考古学で編年が明らかにされている土器に附着した炭化物の炭素14年代をマッチングさせ、箸墓古墳の築造年代を確定した。箸墓古墳の築造年代が240年から260年であるということは、箸墓が248年頃に亡くなった邪馬台国の女王・卑弥呼の墓の可能性が高くなってきたことになる。箸墓古墳が卑弥呼の墓であるかどうかは別として、突然出現した巨大な前方後円墳の起源について考えて見たい。 

K2方形周溝墓.jpg前方後円墳の起源は弥生時代の墳丘墓に求められている。畿内では弥生時代の前期から方形周溝墓と呼ばれる墓が造られている。これは幅1~2mの溝を方形に掘り、その区画された所を土盛し墳丘を作っており、方形低丘墓とも呼ばれている。この方形周溝墓は弥生後期には、九州から北関東・東北地方まで拡がっており、その規模も大型化して、一辺が25m程のものも出て来る。この周溝の一部が途切れ陸橋となり、墳丘と外部が繋がってくる。形状から言えばまさに前方後方墳の祖形と見える。
 

この前方後方形の墳丘墓が伊勢湾沿岸部で多数発見されている。愛知県埋蔵文化財センター副所長の赤塚次郎氏は、「前方後方型墳丘墓から前方後方墳への変遷をたどることができる。前方後方墳は前K3前方後方墳.jpg方後円墳の亜流ではなく、伊勢湾沿岸部で独自に誕生し、美濃平野から東日本に拡散して行った。尾張は邪馬台国に敵対した狗奴国であった」という説をとなえている。確かに、美濃平野から東日本には前方後方墳が多く存在し、伊勢湾沿岸部の特徴的な土器・S字甕も多く出土している。

40-2.纒向型前方後円墳・前方後円墳 [40.前方後円墳の起源]

K4石塚古墳.jpg方形周溝墓ばかりでなく円形周溝墓も存在しる。摂津では弥生終末期の陸橋部のある円形周溝墓が多数発見されている。形状から言えばまさに前方後円墳の祖形と見え、箸墓の近くにある纒向石塚(墳丘長96m)に代表される纒向型前方後円墳に繋がるものと思われる。纒向型前方後円墳は前方部の長さが後円部の径の半分で、前方部の墳丘高さが非常に低い特徴を持ち、南は鹿児島県から北は福島県まで、箸墓古墳築造以前の庄内式の時代、あるいは箸墓古墳と同じ布留0式の時代に造られている。 


K5纒向型前方後円墳044.jpg「纒向型前方後円墳」の命名をされた寺沢薫氏(纒向研究所所長)は、著書『日本の歴史02 王権誕生』講談社の中で、纒向型前方後円墳について次のように説明している。「前方後円墳の起源である纒向型前方後円墳は、二世紀末の楯築墳丘墓をもとに、三世紀前半のヤマト王権の王都纒向で誕生した。その小規模のものが、王権に加わった各地のオウ(王)たちにとり入れられていった。」と述べている。楯築墳丘墓とは、吉備にある円丘の前後に突出部のある全長83mの弥生墳丘墓である。
 

「弥生時代の方(円)形周溝墓の周溝の一辺中央が切れて、埋葬儀礼の時の通路となり、儀式が整備されるにしたがって通路が徐々に発達し、ついには前方後円墳や前方後方墳になる、という機能論的かつ自然発生的な考えだ。だが、実際には、通路としての自然発生的な小規模の突出は、墳形を問わずどこでも起こっているし、前方部の発達は必ずしも時間を追って進行していない。纒向型前方後円墳のように、前方部の長さが後円部に向かってスロープでつながるものは明らかに違う種類である。通路としての陸橋部や突出部が、前方部にまで発達するためには別の大きな要因があるはずだ。」と述べている。
 

寺沢氏は『晋書』武帝紀の泰始二年(266年)に書かれた「倭人来たりて方物を献ず。円丘方丘を南北の郊外に併せ、二至(冬至と夏至)の祀りを二郊に合わす」の文章を引き合いに出している。円丘は洛陽の南の郊外にあり、皇帝が冬至に天を祀る円い丘のことで、方丘は洛陽の北の郊外にあり、皇帝が夏至に地を祀る四角い丘のことである。寺沢氏は、倭国の遣使たちが、天子が洛陽の郊外において天地を祀った祭の場に立ち会ったことは想像に難くないとして、そこで見た円丘と方丘が、定型化前方後円墳である箸墓古墳を仕立て上げたと考えておられる。そして、最古の前方後円墳である箸墓古墳の成立を266年以降とされている。寺沢氏は、纒向型前方後円墳が前方後円墳の起源であるとしながらも、箸墓との落差が大きいことが気になっておられるようだ。

40-3.打虎亭漢墓との遭遇 [40.前方後円墳の起源]

K韓国の前方後円墳.jpg前方後円墳の起源論には、その特異な墳形の祖形となるものが韓国か中国にあって、それがわが国に伝播したか影響を与えたという考えがあった。韓国南西部の栄山川流域に13基の前方後円墳が確認されている。これらの前方後円墳の存在から、‘80年代には日本の前方後円墳の起源は韓国であるとの見解が出たこともあったが、現在ではそれらの前方後円墳の年代は、5~6世紀のもので、倭人が韓半島で造ったにものであると韓国、慶北大学考古人類学科の朴天秀教授が報告されている。 

1991年3月、私は商用で中国河南省の省都である鄭州を訪れた。その時、洛陽の南東50kmの嵩山に少林寺拳法で有名な禅宗の発祥の地、少林寺を見学する機会を得た。この道中、密県から登K7打虎亭漢墓遭遇.jpg封に向かう途中で、車窓より前方後円墳に見受けられる小山を見つけた。その小山は周囲が塀で囲まれ、中国の陵墓に見られる墓門があり、その横には○○○漢墓と書かれた石碑が立っていた。その陵墓を横から見た姿は、学生時代から長らく、堺市の百舌鳥古墳群、仁徳天皇陵の周辺で生活していた私の目には、まさに前方後円墳に見えたのであった。写真は小雨が降るなか慌てて取った写真であるが、前方後円墳の形状がおぼろげながら分かる。
 

墳丘は三段になっており、前方後円墳の特徴を示していた。その墳丘の後円に当たる部分は円形であることが明確に判ったが、前方に当たる部分が方形をしているかどうか定かではなかった。帰国後、中国国家文物事業管理局編の「中国名勝旧跡事典」で調べてみると、私が見た陵墓は後漢時代に造られた「打虎亭漢墓」であることが分かった。文物出版社撮影、樋口高康編修の『世界の大遺跡、古代中国の遺産』(初版1988年)には打虎亭漢墓の写真が載っている。写真には墳丘の周りの塀がないが、後円部に見える所を右に、前方部と思われるに所を左に撮影されており、三段築成がはっきりと認められ、まさに私が見た方向からのものであった。
 

この解説には、「墳丘を北から見たところ、右の一号は径70m、高さ15m、左の二号は径35m、高さ7
.5mで、その間が通路状の高まりになっている。一見したところ、日本各地にある段築の前方後円墳のように見え、そのように誤解した人もあったが、実際は二基の並列する円墳が連続したにすぎない。」とあった。この打虎亭漢墓が前方後円墳のルーツではないかと、日本で話題になった時期があったのである。

40-4.打虎亭漢墓を訪れる [40.前方後円墳の起源]

1994年9月、私は仕事で河南省許昌市を訪れた。この許昌市は、魏の国の始祖である曹操が、漢の最後の皇帝を擁して都を構えた所である。私は休みの一日を利用して130km離れた洛陽へのK8打虎亭漢墓見取図.jpg日帰り旅行を行い、帰り道その途中にある打虎亭漢墓を訪れた。私は打虎亭漢墓の墳墓の形を観察し、前方後円墳との比較をしたいと思っていたが、残念ながら前回見たのは3月で、車窓からでもその姿を捉えることが出来たが、今回は日も暮れかかり、また墳墓に草木が生い茂っていたので後円部の三段も前方部の形状もはっきりと判らなかった。しかし、墳墓の周辺を説明した1m角の絵図に書かれた墳墓の形は、手鏡型の前方後円墳であった。 

当時私が書いた文章は、「打虎亭漢墓は東西に二つ存在する円墳が連なっているとされているが、現在墳丘のあるのは西側の1号墓で、東側の2号墓は現在地下にある墓室だけで、地上部には墳丘は存在しない。2号墓の墓室は、1号墓の墳丘の前方部端から90度、約20m外れた位置の地下にある。2号墳の墳丘が何時、どうして消失したか聞き出すことは出来なかった」と書いている。この文章からすると、手鏡形の前方後円墳に見えるのは1号墳のことになる。『世界の大遺跡、古代中国の遺産』にあった文章では、後円部に相当するのが1号墳で、前方部に相当するのが2号墳とあり、私の文章は、それとは大きく違うと今になって気が付いた。
 

「打虎亭漢墓」の資料を探す内に、日本の若者(?)が2003年に中国を一人旅した「中国旅行」というブログ(
http://www.h7.dion.ne.jp)に行きあたった。そして彼が私と同じ混乱に陥っていることが分かった。彼の文章と写真を借りて、打虎亭漢墓を説明してみる。
「資料には『両墓は墳丘を連ねている』と書いてあるけれど記憶にない。 墓の北面に立派な盛土があった。しかし写真を見ても墓の入口と盛土は接してないし、地下の石室も盛土の下までは達していないと思う。 もうひとつの墓の入口はもう完全に離れてる。ひょっとしたらもっと低くて目立たない墳丘があったのだろうか? それにしても立派な盛土だ。前方後円墳にそっくりだ。観察力不足が悔やまれる。」  

K9打虎亭漢墓平面図.jpg「写真を見ながら記憶を辿って平面図を書いてみた。
図の上⑤に切れているもうひとつの石室はどっちの方向に延びていたか記憶にないので描かなかったけれど、こちらの方が石室が広くて絵も彩色で華やかだった。 墳墓入り口で売っていた小冊子の漢字を眺めていると、『ふたつの墓は30mの距離にあり、南向きに並んでいる。両墓とも石室の構造は基本的に同じである。』とあるので、図の入口を入ってすぐ西方向に、正面の古墳と同じ方向に階段を下りたのかもしれない。ざる頭が悔やまれる。」  
K①打虎亭漢墓.jpg②K打虎亭漢墓.jpgK③打虎亭漢墓.jpg








図の番号はK④打虎亭漢墓.jpg写真の番号である。1号墓の地下の墓室の入口が③であり、2号墓の墓室の入口は図の⑤の方向となり、私の文章と同じである。手鏡形の前方後円墳に見えるのは1号墳のことで、2号墳の墳丘は消滅しているのであろう。そして彼は「実際、前方部から後円部に登ってみて、形としては日本の前方後円墳と相似形であるように感じた。」と書いている。

40-5.打虎亭漢墓は前方後円墳の源流 [40.前方後円墳の起源]

打虎亭漢墓の墓室は地下にあり、西側の1号墓の墓室には、豆腐の製造工程が画像刻石されている。『健康を食べる豆腐』を共著で出版された、橿原考古学研究所所長の菅谷文則氏は、「打虎亭1号漢墓は、日本においても昭和50年代に、しばしばその墳丘が日本の前方後円墳に類似していることから、前方後円墳の起源は打虎亭1号・2号漢墓であると報道された。その後、中国の王仲殊がこの見方を打ち消し、二つの円墳が後の耕作によって連接されたのであるとしたが、実地調査した筆者には、そのように見えなかった。やはり当初からの前方後円形に近い墳丘であったと考えてよい。」と書かれている。 

私が2号墓の墓室を見学している時、打虎亭漢墓の美人の案内嬢は私に向かって、日本の方ですかと聞き天井の璧画を指差して説明を始めた。そこには、赤い褌をした二人の男がまさに相撲をとっていK10相撲璧画.jpgる壁画が書かれてあった。そして、相撲の原点が中国の後漢に存在していたのではないかという説があると説明してくれた。日本書紀には垂仁天皇の時、出雲出身の野見宿禰が当麻蹶速と相撲をとったとある。桜井市大字穴師に相撲神社があり、二人が相撲を取ったと所とされており、祭神は野見宿禰である。相撲神社は箸墓からそれ程離れていない。打虎亭漢墓と箸墓が結びついている。
 

打虎亭漢墓は洛陽と許昌の中間にある。この許昌は220年曹操の息子の曹丕が漢王の献帝より帝位を禅譲した儀式が行われた地である。魏の文帝(曹丕)は洛陽に都をおいたが、許昌に離宮をおきたびたび訪れている。また文帝の息子の明帝は、232年に許昌に壮大な景福殿という宮殿を建て、たびたび洛陽から行幸している。
 

卑弥呼の使いの難升米と都市牛利は、魏・呉・蜀の争いが激しく行われているさなか、魏の都である洛陽を訪れ、景初2年12月には明帝に拝謁している。魏は倭国に、漢の正当な継承は魏であることを認識させるために、禅譲の儀式が行われた授禅台を見せるべく、難升米と都市牛利を許昌宮の景福殿に案内したと考える。その道中で難升米と都市牛利は、打虎亭漢墓の墳丘を見たであろうと想像する。打虎亭漢墓の墳丘を見たのは正始4年(243年)に洛陽を訪れた卑弥呼の使い、伊声耆・掖邪狗等であったのかも知れない。
 

いずれにしても、卑弥呼が亡くなる数年前に、邪馬台国の重臣が打虎亭漢墓の墳丘を見て、それが卑弥呼の墓・箸墓の築造につながり、魏から下賜された三角縁神獣鏡を副葬する古墳時代が始まったと考える。最古の前方後円墳である箸墓は、方(円)周溝墓の陸橋部の発達、吉備の楯築墳丘墓と特殊器台、出雲の四隅突出型墓の葺石など、色々の要素の上に、打虎亭漢墓の墳丘形状と三段築が加わり誕生したと考える。

40.前方後円墳の起源 ブログトップ