So-net無料ブログ作成
28.中国・韓国の古代ガラス ブログトップ

28-1.中国のガラスの起源を考える [28.中国・韓国の古代ガラス]

古代ガラスの種類はソーダガラス(SiO2-Na2O)、カリガラス(SiO2-K2O)、鉛ガラス(SiO2-PbO)に分類することが出来る。シリカ(石英:SiO2)の融点は1650℃であるが、融剤(Na2OK2OPbO)を混ぜると、シリカが融け始める温度が800℃以下になる。これらの原理を4500年前のメソポタミアの人は発見していたのである。 

中国では戦国時代の遺跡から鉛バリウムガラスが出土するが、この種のガラスはオリエントでは作られてなく、中国独自で発展したガラスである。しかしながら、それはメソポタミアでガラスが始現した時と違って、
ガラスそのものの存在は、現物の伝来によって知見があったと考える。オリエントから中国にガラスが伝来した時、ガラスの製造技術まで伝来したのではないだろう。ただ、「白い石を溶かして作った」というくらいの話は伝わっていたであろう。戦国時代にガラスを初めて見た楚国あるいは周国の王は、青銅器を製作していた工人にガラスの製作を命じたと考える。 

G17石英.jpgそれらの工人は、まず石英・水晶を加熱して見た。そして、それらが溶けないと分かると、手当たり次第に白色や透明でガラス光沢のある鉱石を加熱して見たに違いない。その中で、白鉛鉱は溶融したがガラスではなかった。(白鉛鉱は
PbCO3で加熱すると分解してPbOとなり890℃で溶融する)これらの作業の中から石英と白鉛鉱、両者の粉を混ぜて加熱すると、透明のガラスが出来る事を発見したと推測する。白鉛鉱の結晶はガラスの輝きのある白色、白鉛鉱に辿りつくまでに時間は余りかからなかったのであろう。初めに出来たのは、鉛ガラスであったと考える。 

G18白鉛鉱.jpg後漢王充の『論衡』には「随公薬を以て珠を作る・・・・道人五石を消爍して五色の珠を作る」とある。「爍」には溶かすという意味があり、「石を消爍」とは、「石が溶けて消えガラスになる」ことを示している。「随公」とは「27
-3.中国の古代ガラス珠」で述べた、夥しい青銅器が出土した曽候乙墓に葬られた戦国時代の楚国の人物である。曽候乙墓から出土したトンボ玉のほとんどはソーダ石灰ガラス珠であるが、鉛バリウムのガラス珠も混じっている。青銅器が鋳造出来る技術がある中国では「白い石を溶
かして作った」との情報があれば、ガラスを作ることが出来たのである。
 

G19トンボ玉.jpgンボ玉を作るためにはガラスに着色する技術、ガラス玉を作る技術、模様付けをする技術などが必要となってくる。これらの技術を独自で習得出来たのは、中国には春秋時代から陶器の釉薬の技術があり、戦国時代の初めには、眼玉模様のファイアンス珠が出来きるまで進歩していたためであろう。
 

1929年頃、中国河南省でキリストの司教をしていた考
古学者のホワイトは、市場に出回っていたトンボ玉が洛陽の戦国時代の周の古城址金村から出土していることを突き止めた。そこで、イギリスの学者セリグマン氏に分析を依頼し、中国のトンボ玉のガラス組成には、中国独自の鉛バリウムガラスのものがあることを発見した。表G20トンボ玉分析.jpgG19はその分析結果である。資料No2はオリエントのソーダ石灰ガラス、No6が鉛ガラス、No1が鉛バリウムガラスである。No3・4・5は、鉛の少ない鉛バリウム系ガラスで、溶融温度を下げるためにアルカリ成分を入れたのであ
ろう。初めに出来たのは鉛ガラスであったと考えても
おか
しくない。

28-2.鉛バリウムガラスの通説を斬る [28.中国・韓国の古代ガラス]

中国独自で開発・発展したガラスが、鉛ガラスで無く鉛バリウムガラスであったことは、誰しも不思議に感じる所である。中国の古代ガラスを書いた本には、鉛バリウムガラスの起源について「鉛バリウムガラスの製造中心地とされる湖南省や河南省には、鉛鉱石とバリウム鉱石が共存しており、この地域の鉱石を原料に用いたため」という通説が書かれている。果たして、この通説は真実を語っているのだろうか。 

G21方鉛鉱.jpg一般的な鉛の鉱石は方鉛鉱(
PbS)である。日本の飛鳥池ガラス工房遺跡で方鉛鉱が出土しているように、鉛ガラスの材料として方鉛鉱が使われている。また、方鉛鉱と共存しているバリウムの一般的な鉱石は重晶石(BaSO4)である。この共存は湖南省や河南省に限ったことではない。方鉛鉱の色調は灰黒色であり、重晶石は白色・黄色である。二つの鉱石は明らかに色調が違い見分けることが出来るので、両者を分離することは出来ていたと考える。それが証拠に、中国の古代の青銅器には鉛を含有するが、バリウムは含有していない。 


G22重晶石.jpgまた、科学的に見ても、方鉛鉱(
PbS)からガラス材料の酸化鉛(PbO)を作るには、方鉛鉱と木炭の粉末を混合し、600~800℃に加熱して金属鉛を作り、その後金属鉛を600℃に加熱して、長時間かけて酸化鉛にしなければならない。同じ処理を重晶石(BaSO4)に行うと、重晶石は硫化バリウム(BaS)になるだけで、鉛バリウムガラスの原料である酸化バリウム(BaO)にはならない。方鉛鉱と重晶石からは、鉛バリウムガラスは出来ないのである。 


G18白鉛鉱.jpg前回の「中国のガラスの起源を考える」で述べたように、中国で最初に出来たガラスは、石英と白鉛鉱から出来る鉛ガラスと考える。この鉛ガラスの製作過程のなかで、白鉛鉱と共存し、同じ白色・黄色の毒重石が混入して鉛バリウムガラスが出来たと考える。白鉛鉱(
PbCO3)と毒重石(BaCO3)は、加熱すると分解して、ガラス原料の酸化鉛(PbO)と酸化バリウム(BaO)となる。なお、毒重石は読んで字のごとく、経口摂取すると胃酸に溶けて有毒となる。 


G23毒重石.jpg石英・白鉛鉱と毒重石を砕いて混合し1000℃以上に加熱すると鉛バリウムガラスが出来る。鉛ガラスの鉛をバリウムに置き換えると、溶融温度が上がりガラスの製造が難しくなる。一方ガラスの屈折率や硬度が上がるので品質が向上する。古代人は白鉛鉱と毒重石、また重晶石の見分け方を習得して、重晶石は除き、そして白鉛鉱と毒重石の配分を、ある程度は調整したと考える。
 

鉛バリウムガラスの起源の通説、「鉛バリウムガラスの製造中心地とされる湖南省や河南省には、鉛鉱石とバリウム鉱石が共存しており、この地域の鉱石を原料に用いたため」は、その鉛鉱石を白鉛鉱に、バリウム鉱石を毒重石とした時に、成り立つ話であった。ただし、白鉛鉱と毒重石の産出量は、方鉛鉱と重晶石に比較してはるかに少ない。
 

後漢時代の『周易参同契』には、「胡粉投火中、色壊還為鉛」とある。「胡粉」は、白色化粧品の「鉛白」のことで、塩基性炭酸鉛(
PbCO3Pb(OH)2)である。しかし、塩基性炭酸鉛が鉛と酢から作られるようになったのは、唐・宋以降のことであり、それまでの「胡粉」は白鉛鉱を粉にした炭酸鉛(PbCO3)であった。「胡粉投火中、色壊還為鉛」は、「白鉛鉱の粉を火中に投ずれば、白色の色が壊れて鉛になる」であると解釈出来る。 

後漢時代までは青銅器の原料には方鉛鉱、ガラスの原料は白鉛鉱としていたものが、後漢時代になって、白鉛鉱と方鉛鉱が同じ鉛であることを知り、方鉛鉱から酸化鉛を作りガラスの原料としたのであろう。だから、後漢時代には鉛を多量に使った屈折率の良い“高鉛ガラス”が登場し、鉛バリウムガラスが廃れていっている。

28-3.戦国の鉛バリウムガラスを解く [28.中国・韓国の古代ガラス]

日本の古代ガラスの源流を探るため、オリエント・インド・東南アジア・中国で製作されたガラスについて述べて来た。そこで、これまでのカテゴリー名を「古代ガラスの源流を探る」に改め、今後述べる日本の古代ガラスについてのカテゴリー名を「ガラスを透して古代を見る」とした。なお、鉛バリウムガラスの項目と、カリガラスの項目について順番を入れ替えた。

G13戦国ガラス分布.jpgG16前漢ガラス分布.jpgG35 鉛バリウムガラス.jpg



鉛バリウムガラスは、ガラスの分布G13とG16で示したように、戦国時代には内陸部の湖南省を中心としてビーズが作られ、前漢時代にはその中心が沿岸部の江蘇省に移り、容器や装飾品が作られている。このことは製作地の変化だけでなく、表G35に示すようにその成分も変化している。特に大きな変化を示すのは、石英(SiO2)とアルミナ(Al2O3)が減少し、酸化鉛(PbO)が増加している事である。 

「鉛バリウムガラスの通説を斬る」で、中国の鉛バリウムガラスは石英(SiO2)と白鉛鉱(PbCO3)・毒重石(BaCO3)で製作されたとした。表35にある戦国時代のビーズの成分で、アルミナ(Al2O3)の存在は石英(砂)に含まれている不純物の長石でと考えることは出来る。それならば、K2OCaO、そして分析値が少ないがNa2Oの存在は、白鉛鉱・毒重石の鉱石に含まれる不純物であることになる。 

私には化学屋で重晶石(BaSO4)にも詳しい、歴史好きの友人がいる。その友人から、「古代は綺麗な結晶を使用していただろうから、不純物は少なかったと思われる」とのアドバイスを受けた。そう考えると、K2OCaONa2Oは、白鉛鉱・毒重石の鉱石に含まれる不純物ではなく、原料に含まれる成分として必然的に入って来たと考えられる。中国で戦国時代に鉛バリウムガラスのビーズが作られた時、石英が使われたのではなく、ガラスの性質を持つ黒曜石が使われたとの結論に達した。黒曜石と白鉛鉱・毒重石の組み合わせで、戦国時代の鉛バリウムガラスの組成成が出来る。なお、黒曜石の組成は一例であり、産地によって変わってくる。       
                             SiO2   Al2O   CaO    MgO    K2O    Na2O   PbO   BaO
        ①黒曜石       76%   13 %   0.73% 0.15%  4.45% 4.18%
        ②白鉛鉱・毒重石                       23%   12%
        ①
x0.65+              50%  8.63% 0.47%  0.10%  2.89% 2.17%  23%   12%
        戦国鉛バリウムB  49% 7.42% 1.68%  0.29%  1.21% 2.99%  24%   12%

28-4.前漢の鉛バリウムガラスを解く [28.中国・韓国の古代ガラス]

G35 鉛バリウムガラス.jpg前漢時代の鉛バリウムガラスのように、大きな容器や装飾品を製作するためには、ガラスはビーズの製作の時より、より低温で融けなければならない。そのために、アルミナ(Al2O3)成分を減ずるための技術の飛躍がなされたのであろう。戦国時代の湖南省長沙の璧の成分が、前漢時代の容器や装飾品の成分の値に近いことからすると、技術の飛躍は長沙でなされたのかもしれない。 

G36 江蘇省ガラス杯.jpg表35の成分表で、
Al2O3SiO2の比率を見ると、戦国時代の鉛バリウムガラスでは0.15であり、黒曜石の0.17に近い。しかし、前漢時代の鉛バリウムガラスでは0.02であり、黒曜石は使われていないことが分かる。前漢時代になって、大型のガラスが製作されるようになると、黒曜石が使われなくなったと考えられる。しかし、表35で見られるように、Na2Oが使用されている。このNa2Oは何を原料として入れられたのであろうか。 

古代オリエントでガラスの起源となるソーダ石灰ガラスが始めて作られた時、ソーダ成分は砂漠地帯の植物灰からであった。そして、その後エジプト産出の天然ソーダ・ナトロンが使用されるようになった。植物灰とナトロンの違いは、
Na2Oに対する(MgOK2O)の比率で見分けることが出来る。植物灰を使用したガラスでは、(MgOK2O)/Na2Oの値は0.31で、ナトロンを使用したガラスでは0.075である。 

前漢時代の鉛バリウムガラスに含まれる、
Na2Oに対する(MgOK2O)の比率を見ると、0.082であり、ナトロンが使用されていたことが分かる。ナトロンとは天然の炭酸ナトリウム(ソーダ:Na2CO3)のことで、中国でも青海・新疆・チベット・内蒙古などの塩湖のある乾燥地帯で産出する。 

前漢時代の鉛バリウムガラスの組成は下記の通りである。
                                           SiOAl2O3    CaO     MgO    K2O   Na2O   PbO   BaO
     前漢鉛バリウムG   37%  0.85%  0.48%  0.09% 0.17% 3.17%  40%  16%
前漢時代の鉛バリウムガラスは、石英とナトロン、そして白鉛鉱・毒重石で製作されたと考える。石英(SiO2には砂が使用され、石英砂には2%程度の長石(Al2O3)が混じっていたのであろう。古代オリエントのナトロンを使用したソーダ石灰ガラスには、ガラスの品質を向上させるためにCaOが添加され、Na2Oに対するCaOの比率、CaO/Na2Oの値は0.43である。前漢時代の鉛バリウムガラスの値は0.15と低い。CaOMgOK2Oと同様ナトロンに混じっていたものであろう。 

G16に見られるように、前漢時代の中国にはソーダ石灰ガラスの分布が見られない。しかしながら、前漢時代の中国の鉛バリウムガラスには、ソーダ石灰ガラスの原料となるナトロンが使用されていた。このことは、日本の古代ガラスの解明に、重要な意味を持つと考えられる。

28-5.韓国の古代鉛系ガラス [28.中国・韓国の古代ガラス]

題目は朝鮮半島の古代ガラスとするべき所であるが、北朝鮮側の情報がなく、韓国国内について、原三国時代までについて述べてみる。原三国時代とは、紀元前108年に楽浪郡が置かれてから、新羅・百済が国を興す4世紀中頃までを言う。なお、三国時代の新羅の古墳からは、西アジアから輸入されたと考えられている素晴らしいガラス容器が出土しているが、これらについては、日本出土の西アジア伝来のガラス容器の所で述べる事にする。

韓国古代ガラスの組成成分は、鉛バリウムガラス、鉛ガラス、カリガラス、ソーダガラスの大きく四つのグループに分類することが出来る。これら4種類のガラスが原三国時代から発見されている。鉛バリウムガラス・鉛ガラスを鉛系ガラス、カリガラス・ソーダガラスをアルカリガラスとしてまとめてみた。
 

韓国内の最古のガラスは忠清南道扶余郡の合松里遺跡から出土した、8点の鉛バリウムガラスの青色管玉である。この管玉は不透明・半透明で径5~6㎜、長さ10㎜程度である。合松里遺跡からはガラス管玉の他に、銅剣・銅戈・多鈕細文鏡・銅鐸と鋳造鉄斧・鉄鑿が出土している。韓国式銅剣文化と初期鉄器文化ということから、紀元前2世紀初め(或いは前半)とされている。忠清南道地域では、合松里遺跡の他にも、唐津郡素素里・公州郡鳳岩里などでガラス管玉と青銅器・鋳造鉄器が伴って出土している。また、鉛バリウムガラスは全羅南道海南郡郡谷里、慶尚南道義昌郡茶戸里・晋陽郡大坪里で出土したガラス玉でも確認されている。
 

韓国(合松里・郡谷里・茶戸里)の鉛バリウムガラス4点の組成と中国の前漢時代の鉛バリウムガラスと比較して見た。両者のガラス成分と比較すると、若干の違いはあるものの韓国出土の鉛バリウムガラスは、中国の前漢時代のガラス組成であることが分かる。
                     SiO2    Al2O3     CaO    MgO     K2O    Na2O    PbO   BaO
    韓国鉛バリウムG 48%   0.78%  1.43%  0.31%  0.28%  3.75%   34%   9.4%
    前漢鉛バリウムG  37%   0.85%  0.48%  0.09%  0.17%  3.17%   40%  16% 

近年、全羅北道完州郡の葛洞遺跡(紀元前3~2世紀)から外径4㎝・幅1㎝・厚み3㎜の環形のガラス製品2点が発見され、いずれも鉛バリウムガラスであった。韓国の鉛バリウムガラスは紀元前3世紀頃から紀元後3世紀まで、中国の前漢・後漢・三国時代の間続いたということになる。
 

韓国の鉛ガラスとしては、紀元前1世紀から紀元後2世紀頃のものとして、全羅南道海南郡郡谷里から出土した緑色環玉が知られている。このガラス成分は
SiO2 26%PbO 72%であり、両者を合わせると98%となり、他の成分が非常に少ないガラスである。この高鉛ガラスは4~5世紀ころに再び出現した後衰え、その後統一新羅時代(7世紀中頃)に広く普及した。 

中国においては、鉛が60~75%程度の高鉛ガラスは、前2世紀頃の前漢時代に出現し、後漢時代にはそれまでの鉛バリウムガラスが衰退して鉛ガラスが栄えたが、その後3世紀後半ころに一時途絶え、隋代の6世紀末に復活して大量に流通した。「随書」何注稠伝の「緑瓷をもって久しく絶えていた中国ガラスを復活させた」という記載は、高鉛ガラス事を言っている。韓国の高鉛ガラスの栄枯盛衰は、中国のそれと同じである。

28-6.韓国の古代アルカリガラス [28.中国・韓国の古代ガラス]

中国から入って来た鉛バリウムガラスで始まる韓国古代のガラスは、続いて紀元1世紀頃には、カリウムガラスとソーダガラスのガラス玉が登場する。カリウムガラス玉が出現するのは、紀元前1世紀ころで大邱市八達洞、慶尚南道義昌郡茶戸里から、紀元後1世紀ころには昌原市三東洞、慶州市朝陽洞、済州市龍潭洞から、4~5世紀になると晋州地域、昌原市道渓洞、釜山広域市老甫洞、慶山市林堂洞など、中南部で広域に分布している。 

慶州市朝陽洞出土のカリガラス製小玉・管玉の成分分析と、中国のカリガラスの値を比較してみた。両者の組成がほぼ一致することが分かる。前漢時代には中国のカリガラスは、広西省と広東省の沿岸部で発達している。韓国のカリガラスの始まりは前漢の終わり頃であり、この頃広西省と広東省の沿岸部と、どのような交流があったか興味がそそられる。
                                               SiO2   Na2O   K2O   CaO   MgO   Al2O3
     韓国カリガラス 
    74%   1.0%    14%   2.6%   0.4%   3.0%
    中国カリガラス
       76%    0.4%    14%   1.8%   0.6%   3.6% 

韓国のソーダガラスの初例は、全羅南道海南郡郡谷里貝塚出土の草緑色管玉で、原三国時代の紀元1世紀に属する層から出土している。これ以後、2・3世紀から三国時代にかけて作られた大部分のガラス玉はソーダガラスであった。金海市良洞里、慶尚南道陜川郡玉田、昌原市道渓洞、釜山広域市老甫洞、慶山市林堂洞から出土している。 

韓国のソーダガラスには、Al2O3の含有量が多くCaOの含有量は少ないタイプと、Al2O3は少なくCaOが多いタイプの2種類がある。ソーダガラスは(K2O+MgO)Na2Oの値で、原料にナトロン(天然Na2CO3)を使用したか、それとも植物灰を使用したかが分かるが、詳細な分析データを知らないので判断出来ない。中国には前漢時代以降ソーダガラスが普及していないことを考えれば、韓国のソーダガラスは注目に値する。
28.中国・韓国の古代ガラス ブログトップ