So-net無料ブログ作成
検索選択

59-2.「聖徳」は『書紀』以前から伝承されていた [59.聖徳太子は実在し伝承されていた]

『書紀』は厩戸皇子について、「生まれてすぐ言葉を話され、優れた知恵があり、成人になると一度に十人の訴えを聞き分けることが出来き、先々の事まで見通された。」とある。厩戸皇子は厩戸豊聡耳皇子と呼ばれ、別名に豊聡耳聖徳・豊聡耳法大王とされている。『古事記』には「上宮之厩戸豊聡耳命」とあり、「豊聡耳」の名は『書紀』と同じである。「一度に十人の訴えを聞き分けることが出来きた」という逸話は、『書紀』が撰上される以前から伝承されていたことが分る。

 

『古事記』が712年に撰上された翌年に、風土記の編纂を諸国に命じている。現存している『風土記』は、常陸・播磨・出雲・豊後・肥前の五ヶ国で、その他の諸国の風土記は、他の書籍に引用されている逸文のみである。『播磨国風土記』に記載された地方の行政組織は国・郡・里である。地方の行政組織が国・郡・里から、国・郡・郷・里に代ったのは宝亀元年(715年)から宝亀3年(718年)であり、『播磨国風土記』は、『書紀』が撰上される720年以前に成立したことが分る。

 

Z138.風土記の天皇名.png『伊豫国風土記』は、鎌倉時代の『釈日本記』・『萬葉集注釈』に逸文が引用されている。『伊豫国風土記』の「湯の郡」の条では、天皇等の湯に行幸されたのは、大帯日子天皇(景行天皇)と大后八坂入姫、帯中日子天皇(仲哀天皇)と大后息長帯姫命(神功皇后)、上宮聖徳皇(聖徳太子)、岡本天皇(舒明天皇)と皇后、後岡本天皇(斉明天皇)、近江大津宮御宇天皇(天智天皇)、浄御原宮御宇天皇(天武天皇)を挙げている。『播磨風土記』・『伊豫国風土記』に記載された天皇の名称を『日本書紀』・」『古事記』の名称と比較し、表Z138に表わした。ただし、「宮」を冠した名称の天皇は省いている。表Z138から、『播磨国風土記』と『伊豫国風土記』逸文に記載された天皇名は『古事記』と一致することが分る。これらからしても、『播磨国風土記』と『伊豫国風土記』は『日本書紀』が撰上される以前に成立したことが明らかである。

 

『書紀』は推古3年に「高麗僧の恵慈が帰化し、皇太子(聖徳太子)の師となった」、「仏教を高麗の僧恵慈に習い、儒教を博士覚哿に学んで、どちらもことごとく習得された。」とあり、別名に豊聡耳法大王・法主王とある。『伊豫国風土記』には、「上宮聖徳皇が高麗の僧恵慈と共に伊豫の湯に行幸した。」、「法興6年10月、丙辰の年(推古4年:596年)に、法王大王と恵慈の法師および葛城臣と、伊豫の村に遊び」とある。皇太子(聖徳太子)が高麗の僧恵慈から仏教を学んで習得し、仏法の最高位者であり、「法大王・法王大王」と呼ばれたことは、『書紀』が撰上される以前から伝承されていたことが分る。

 

『書紀』は厩戸皇子を「皇太子」「上宮太子」と表記し、「聖徳太子」の呼称は一切使用していないが、別名として「豊聡耳聖徳」があると記している。『播磨国風土記』には「聖徳王」、『伊豫国風土記』には「上宮聖徳皇」とあり、皇太子(聖徳太子)は聖人であり「聖徳」と称されていたことが、『書紀』が撰上される以前から伝承されていたことが分る。大山氏は「厩戸王は実在の人物であるが、聖徳太子は実在しない。『日本書紀』の中で誕生した架空の人物である。」と主張しているが、少なくとも「聖徳太子は『日本書紀』の中で誕生した。」ということは、成り立たないことが分る。


59-3.聖徳太子実在の鍵は「天皇号」 [59.聖徳太子は実在し伝承されていた]

大山氏を初めとする学者の方々は、法隆寺系史料の金石文が推古朝ではなく、厩戸王の死後一世紀も後に捏造されたものであるとしている。その根拠の第一は、薬師如来像光背銘・天寿国曼荼羅繡帳にある君主号の「天皇」、釈迦像光背銘にある「法皇」は、推古朝には存在しない。第二は、釈迦像光背銘にある「法興」という年号は実在しない。第三は天寿国曼荼羅繡帳にある孔部間人母王の命日が、持統4年(690年)から使用された儀鳳暦で記されていることであった。

Z139.法隆寺薬師如来像.png 

法隆寺の金堂に安置されている国宝の薬師如来像の光背銘には「天皇」銘が3ヶ所刻まれている。その内容は「用明天皇が病気になら
れた時、丙午の年(586年)に推古天皇と聖徳太子を召して、病
気平癒のため寺を造り薬師像を作ることを請願されたが、それがか
なわぬまま亡くなられた。そこで、推古天皇と聖徳太子が丁卯の年(607年)に作り奉った。」とある。用明天皇は「池辺大宮治天下天皇」、推古天皇は「小治田大宮治天下大王天皇」・「大王天皇」、聖徳太子は「太子」・「東宮聖王」と刻まれている。

 

この銘文について大山氏は、「唐の高宗の上元元年(674年)に、君主の称号が「皇帝」から「天皇」に代ったが、その情報が天武朝(672~686年)に倭国に伝わり、持統3年(689年)に制定された浄飛鳥御原令において正式に採用され、天武天皇に対して最初の「天皇」号が捧げられたというのが定説となっている。・・・・三度も天皇号を使用した薬師像の銘文は、天武・持統朝以後の成立で、607年(推古15年)のものとしては偽物ということにならざるを得ないのである。」と述べている。「天皇号の成立」という大命題を論破しなければ、「聖徳太子が実在した」ことを証明は出来ない。

 

『懐風藻』は日本で最古の漢詩集である。選者は不明だが、序文には天平勝宝3年(751年)に完成したとある。天智天皇の御代から奈良時代にいたるまでの作者64名、120編の詩文を治めている。その第一番目の詩が大友皇子の詩である。大友皇子は天智天皇の第一皇子で、壬申の乱において叔父・大海人皇子(天武天皇)に敗北し自害している。大友皇子の漢詩の現代訳は、『懐風藻』(講談社学術文庫)、江口 孝夫による。

  皇明光日月  天子の威光は日月のようにこの世に光り輝き

  帝徳載天地  天子の聖徳は天地に満ちあふれている

  三才並泰昌  天・地・人ともに太平で栄え

  万国表臣義  四方の国々は臣下の礼をつくしている

 

この詩が詠まれた年月の記載はないが、表題には「侍宴」とあり、天智天皇の宴で、天皇の徳をたたえ、威光をのべ、隆盛を祝福している。『書紀』によれば、天智天皇は斉明天皇が崩御されてから、即位式を挙げないで政務をとられていた。この間に白村江の海戦があり唐に敗れている。そして、天智7年(668年)1月3日に即位され、7日に内裏で群臣を集め宴が催されている。漢詩の内容からすれば、この宴で大友皇子が詠ったのであろう。この詩の「皇明」とは、天皇の威光という意味であると江口氏は解説しており、「皇」のみならず、「天皇」の称号も天智7年(668年)には存在していた可能性があると思われる。

 

唐の高宗皇帝(650~683年)が君主の称号を「皇帝」から「天皇」に替えたのは上元元年(674年)であり、天智7年(668年)に倭国で「天皇」の称号が使われていたことを証明するためには、倭国に「天皇」の語句が、高宗皇帝が「天皇」の称号を使う以前に伝わっていたことを証明しなければならない。

 


59-4.天智朝には「天皇」号が存在していた [59.聖徳太子は実在し伝承されていた]

Z140.天皇木簡.png1998年に奈良国立文化財研究所が、飛鳥池遺跡から出土した木簡の中に、「天皇」の語が墨書きされたものがあると発表した。この木簡は飛鳥池遺跡の北地区の、持統朝を下限とした溝のさらに下層から出土しており、この遺構から伴出した木簡の「サト」表記は、すべて「五十戸」であった。飛鳥から出土した多量の荷札木簡から、「サト」が「五十戸」から「里」に切り替わったのは、681年から683年頃であることが分っている。これらより「天皇」の語が墨書きされた木簡は、683年(天武12年)以前に書かれたものであることがわかる。「天皇」木簡が出土した同じ遺構から「庚午」天智9年(670年)、「丙子」天武5年(676年)、「丁丑」天武6年(677年)の紀年木簡が伴出しており、「天皇」号の表記が683年(天武12年)以前から使用されていたことは確かである。しかしながら「天皇」木簡の年代からは、「唐の高宗の上元元年(674年)に、君主の称号が『皇帝』から『天皇』に代ったが、その情報が天武朝(672~686年)に倭国に伝わった。」とする、従来の定説を覆すことは出来ない。

 

墓誌Z141.船氏王後.png三井記念美術館所蔵の国宝「船氏王後墓誌」は、江戸時代に大阪府柏原市国分の松岡山から出土したと伝えられ,その後長く西琳寺に蔵されてきた。墓誌の正確な出土地点や,埋納状況については全く不明である。墓誌は29x7x0.2センチの銅板で、表に4行86字、裏に4行76字が刻まれている。銘文の概要は「船氏の故、王後首は敏達天皇の世に生まれ、推古天皇の朝廷で仕え、舒明天皇の代に至った。大仁の官位を賜った。舒明天皇の末年、辛丑(641年)12月3日に死亡した。そこで戊辰年(668年)12月、松岳山の上に葬った。」である。銘文にある「船氏」について『書紀』は、欽明14年(533年)に「蘇我稲目の下で王辰爾が船の賦を数え録し,その功で船長となり船氏の氏姓を与えられた。」と、敏達元年(572年)に「高麗の国書を誰も読みとれなかったが、船史の祖王辰爾のみ解読し、天皇が王辰爾を大いに賞讃した。」と、皇極天皇4年(645年)に「蘇我蝦夷が殺されたとき、船史恵尺が焼かれようとした国記をとり出して、中大兄皇子に奉献した。」と記載している。

 

戊辰の年(天智7年:668年)に成立した「船氏王後墓誌」には、乎娑陀宮天下治天皇(敏達天皇)、等由羅宮天下治天皇(推古天皇)阿須迦宮天下治天皇(舒明天皇)の銘が刻字され、天智7年(668年)に「天皇」号が使われていたという史実を伝えている。ただ、「船氏王後墓誌」の出土状況が明確でなく、天智朝に「天皇」号が使われていたという証拠になり得ていない。


59-5.野中寺の弥勒菩薩像に刻まれた天皇号 [59.聖徳太子は実在し伝承されていた]

Z142.野中寺弥勒菩薩.png大阪府羽曳野市にある野中寺の境内には、古代寺院の礎石が残っており、塔心礎の支柱孔は円柱の周囲三方に添柱を付した形のもので、聖徳太子建立七大寺の1つとされている飛鳥橘寺の塔心礎の柱穴と同じ形をしている。野中寺からは、船橋廃寺式の素弁蓮華文瓦(630~640年)が出土しており、推古朝に建てられた46寺院の一つと見られている。野中寺には像高18.5cmの弥勒菩薩半跏像があり、弥勒象の台座には縦に2字、31行に銘文が刻字され、その中に「天皇」の文字がある。


「丙寅年四月大八日癸卯開記 栢寺智識之等 詣中宮天皇大御身労坐之時 誓願之奉弥勒御像也 友等人数一百十八 是依六道四生人等 此教可相之也」

 

「丙寅年四月大」の「大」は、旧暦(太陰暦)で1ヶ月が30日の月である。ちなみに「小」は29日の月となる。「八日癸卯開」の「開」は、日々の吉凶を判断する十二直(暦注)で、「建・除・満・平・定・執・破・危・成・納・開・閉」がある。我々が良く知っている「大安」とか「友引」というのは、六曜という暦注である。飛鳥寺の北西にある石神遺跡から円盤に書かれた具注暦の木簡が出土しているが、この暦は持統3年(689年)己丑の年もので、復元図(『飛鳥の木簡』市大樹、中央新書)をみると、「四月大」や「廿一日癸卯開」の文字がある。

 

Z143.野中寺銘文.png野中寺弥勒像の銘文「丙寅年四月大」と「八日癸卯開」は、元嘉歴で天智5年(666年)4月8日のみが該当する。しかし「丙寅年四月大」と「八日癸卯開」の間にある緑色マークの○の字(写真Z143)の読みには諸説がある。通説では「旧」と読んで、新しい暦(儀鳳歴)が使われる時代に、以前使用されていた「旧」の暦(元嘉暦)で記したことを示したものであると解釈している。そして儀鳳歴と元嘉暦が併用された持統4年(690年)、もしく儀鳳歴のみが用いられるようになった文武元年(697年)以降に、野中寺弥勒像の銘文が刻字されたと解釈している。

 

因みに丙寅年(666年)では、元嘉暦では4月8日が癸卯であるが、儀鳳歴では4月7日が癸卯であり、1日の違いでしかない。確かに緑色マークの○の字は「旧」の字に見えなくはないが、儀鳳歴が使われている時代に、元嘉暦が使われていた昔の時代の事を記録しておくのに、わざわざ「旧」の暦(元嘉暦)で記していることを表わす必然性があるようには思われない。まして銘文が後世に捏造されたものとするならば、その証拠となるような文字「旧」を入れることはしないであろう。このような説が通説としてまかりとっているのは、この説自身に説得性があるということでなく、天智朝には「天皇号」の使用がなかったという先入観があるためであろう。

 

緑色マークの○の字は「朔(ついたち)」の略字であるとの説がある。写真143を見ると、○の字のツクリの部分は「月」に見える。話は飛ぶが、1971年に韓国忠清南道公州市(百済の都)の宋山里古墳群から墓誌が出土し、武寧王陵として王墓が特定された。墓誌には「寧東大将軍百済斯麻王、年六十二歳、
癸卯年(523年)五月丙戌朔七日壬辰崩到」とあり、5月朔の干支「丙戌」を記載している。干支は丙戌・丁亥・戊子・己丑・庚寅・辛卯・壬辰であり、5月7日の干支が「壬辰」であれば、5月1日が「丙戌」であることは自明の理であり、日常用いる暦では「丙戌朔」は省略されている。野中寺弥勒像の銘文は、「丙寅年四月大丙申朔八日癸卯開」の「丙申朔」を省略すべきところを、間違って「丙申」のみを省いたのであろう。野中寺弥勒像の銘文、天智5年(666年)4月8日に刻字されたものであると考える。

 

「中宮天皇」については該当の天皇がなく、像の成立年代から斉明天皇説・間人皇女説・天智天皇説がある。しかし『日本書紀』・『古事記』・『風土記』において、天皇名に「宮」を冠する場合、必ず宮を設けた地名が付いている。斉明7年(661年)斉明天皇が崩御されてから、天智6年(667年)に近江に都を遷し即位するまで、称制(即位の儀式を行わないで天皇の政務をとること)であった天智天皇は、660年に唐に破れた百済を復興させようと、都を長津宮(福岡市)に遷し軍政を執っている。天智天皇は長津宮天皇と呼ばれていたが、それが訛って(長津宮→那珂津宮→那珂宮→中宮)中宮天皇となったのであろう。

 

天智2年(663年)に倭国の水軍は白村江の戦いで唐と新羅の連合軍に破れてから、天智天皇は飛鳥に戻っていた。『書紀』によると天智5年3月に、天智天皇は乙巳の変で共に蘇我入鹿を斬った佐伯小麻呂連の家に病気見舞いに行っている。小麻呂は流行り病で天智天皇が感染し臥したと想像する。野中寺弥勒像の天智5年4月8日付けの銘文は、「中宮天皇大御身労坐之時 誓願之奉弥勒御像也」とあるように、天智天皇の病気平癒を願って造られたものである。野中寺の弥勒菩薩半跏像にある銘文は、天智5年(666年)には天皇号が使われていたという史実を伝えている。

 

今年(2017年)1月、京都市左京区の妙伝寺が所蔵する江戸期の作とされていた本尊「半跏思惟像」(如意輪観音像:高さ50cm)が、金属成分の調査から、7世紀朝鮮半島で作られた可能性が高いとの報道が、新聞・テレビでなされた。この調査にあたった大阪大学の藤岡穣教授(東洋美術史)は、これまで日本・韓国・中国などで約400体の仏像を蛍光エックス線分析している。藤岡教授は2014年4月東京国立博物館研究誌『Museum』に、「野中寺弥勒菩薩像について―蛍光X線分析調査を踏まえて―」の論文を発表され、「銘記の丙寅年を666年と解釈し、それを制作ないし銘記鐫刻の時期とみなすのが妥当」と結論付けている。

 

船氏王後墓誌銘と野中寺の弥勒菩薩像台座銘は、天智朝に「天皇」号が使われたことを示しており、天智天皇の第一皇子である大友皇子が詠った漢詩にある「皇明」とは、天皇の威光という意味であることが分る。中国の唐の高宗皇帝が「天皇」の称号を使う以前から、倭国では「天皇」の語句が使われていた。