So-net無料ブログ作成

57-2.蘇我氏の出自、百済系渡来人説を斬る [57.蘇我氏の系譜と興亡]

蘇我氏の出自が百済系渡来人であるとの説は、1971年に門脇禎二氏により提唱された。門脇氏は『日本書紀』の応神25年(414年)の「百済の直支王が薨じた。その子の久爾辛が王となった。王は年が若かったので、木満致が国政を執った。王の母と通じて無礼が多かった。天皇はこれを聞いておよびになった。」の記事にある「木満致」と、『三国史記』百済蓋鹵王21年(475年)の「高句麗に王都漢城を攻撃されたとき、蓋鹵王は王子文周に避難を命じ、文周は木劦満致・祖彌桀取とともに南に行った。」の記事にある「南に行った」を倭国とし、「木劦満致」を木満致と同一人物として、「蘇我満智満致=木劦満致」としている。

『日本書紀』の応神25年は、書紀の編年通りに計算すると294年である。私は「縮900年表」で、百済の王の記載がある場合は干支2廻り120年下らせ414年(仁徳32年)としている。『三国史記』によると、腆支王(直支王)が薨じたのは420年であり、6年の差はあるが年代的には合っている。門脇氏は干支3廻り180年下らせ474年とし、「木満致」と「木劦満致」が同一人物としている。応神25年を干支3廻り180年下らせるのであれば、「直支王が薨じた」のも474年のことになってしまう。

『宋書』百済伝義熙12年(416年)の記事に「以百濟王餘、為使持節都督百濟諸軍事、鎮東將軍、百濟王。」とある。また、大宰府天満宮所蔵の国宝『翰苑』(唐時代編纂)には、義熙12年に「以百濟王餘、為使持節督都百濟諸軍事、鎮東將軍。」とある。そして、『三国史記』支王12年(416年)に、「東晋の安帝が使者を派遣し、王を冊命して使持節・都督・百済諸軍事・鎮東将軍・百済王とした。」とある。416年に鎮東将軍に冊命された百済王は、『宋書』では「」、『翰苑』では「」、『三国史記』では、「支王」となっており、腆支王(直支王)であることに間違いないだろう。

『三国史記』には、「木満致」についての記載はないが、応神25年の記事の「百済の直支王が薨じた。その子の久爾辛が王となった。」の部分は干支2廻り120年下らせ、「木満致が国政を執った。」の部分は干支3廻り180年下らせて解釈することは、あまりにも飛躍があるかと思われる。門脇氏の説を支持する学者の中には、雄略記に登場すべき人物が、応神記に混入された指摘とする人もいるが、ご都合主義と言わざるをえない。門脇氏の説は、注目を浴び一時期学会を席巻したが、現在では完全に否定されている。このような説が一時期であれ注目を浴び、学会を席巻したということは、蘇我氏の出自について、未解決のままであるということであろう。


57-3.蘇我氏には百済人の血が流れている [57.蘇我氏の系譜と興亡]

私は門脇氏の蘇我満智・木満致・木劦満致が同一人物で、蘇我氏の出自が百済系渡来人説には組みしないが、蘇我満智と木満致の関係については注目に値すると考える。『日本書紀』は、応神25年の記事の後に「百済記によると、木満致は木羅斤資が新羅を討った時、その國の女を娶って生れた。その父の功を以って、任那を専らとした。我が國(百済)に来て、貴國(倭国)と往き来した。制を天朝(天皇)に承り、我が國(百済)の政を執った。権勢は盛んであったが、しかし、天朝(天皇)はその横暴をお聞きになって召された。」とある。

木満致の父・木羅斤資は、神功49年(369年)に、倭国の荒田別と鹿我別将軍が卓淳国に行き新羅を討とうとしたとき、百済の精兵を率いて参加した将軍である。倭国は百済の応援を得て新羅を打ち破り、任那7ヶ国を平定することが出来た。応神25年の記事と、神功49記事の記事から、木満致は370年ころに生まれ、任那で育ち、百済に行って官史に登用され、倭国を往き来し、420年に腆支王(直支王)が薨じて久尓辛王(久爾辛王)が即位したとき、50歳で国政を執ったと思われる。木満致は任那で育ったとき日本語を覚えたと想像する。

応神3年(392年)の記事には「百濟の辰斯王が立って、貴国の天皇に対して礼を失した。そこで紀角宿禰・羽田矢代宿禰・石川宿禰・平群木菟宿禰を遣わして、その礼のないことを叱責した。それによって、百濟国は辰斯王を殺して謝罪した。紀角宿禰らは、阿花を王に立て帰国した。」とある。『三国史記』では、辰斯王8年(392年)「十月、王は狗原で田猟していたが、十日たっても帰ってこなかった。十一月王が狗原の行宮で薨去した。」とある。辰斯王は狗原で暗殺されたのかも知れない。百済は紀角宿禰・羽田矢代宿禰・石川宿禰・平群木菟宿禰の接待役として、日本語の喋れる官吏・木満致を付けたと考える。木満致の22歳の頃である。木満致と蘇我石川宿禰は面識が出来たのである。

『日本書紀』応神8年(397年)に「百濟記に云う 阿花王が立って貴國(倭国)に無礼をした。それで、わが枕彌多禮・峴南・支侵・谷那・東韓の地を奪われた。このため、王子・直支を天朝(天皇)に遣わし、先王の好を修交した。」とある。『三国史記』阿華王(阿花王)6年(397年)には、「王は倭国と好を結び、太子の腆支(直支)を人質とした。」とある。397年に腆支(直支)が人質として倭国に来たことは、『書紀』と『三国史記』は一致している。

また、応神16年(405年)に「百済の阿花王が薨じた。天皇は直支王を呼んで、『国に帰って位につきなさい。』と仰せられ、東漢の地を賜わり遣わされた。」とある。『三国史記』では、阿華王(阿花王)が薨去したのは405年であり、『書紀』と年代は一致している。直支王が倭国に人質として滞在した397年(仁徳15年)から、百済に帰国した405年(仁徳23年)の8年間、木満致は直支王の付き人として倭国に滞在したと考える。『百済記』にある「倭国を往き来した」とはこの事を指すのであろう。木満致が27歳から35歳の頃である。

397年(仁徳15年)から8年間、木満致が直支王の付き人として倭国に滞在していたとき、百済で世話になった蘇我石川宿禰は、木満致を自らの館に招待したと想像する。そのようなことが幾度と重なるなかで、木満致は蘇我石川宿禰の娘と恋仲となり子供が生まれ、名を木満致に因んで蘇我満智と名付けられた。405年(仁徳23年)に、阿花王が薨じため直支王は急遽帰国することになった。木満致は直支王に従って妻子を倭国に残し帰国した。蘇我満智は祖父・蘇我石川宿禰のもとで育ったと想像する。

百済に帰国した木満致は直支王のもとで、直支王の片腕として国政に参画した。416年に腆支王(直支王)が東晋の安帝から鎮東将軍に冊命されたときも、木満致は関わっていた。420年(仁徳38年)、直支王が薨じて、年若き久爾辛が王となってからは、木満致は国政を執った。木満致の行う制度や施策は倭国に倣うものが多く、他の官史から評判悪く、横暴であるとか、王の母と通じているとか、あらぬ噂を流され、窮地に立たされていた。

その頃、仁徳天皇は中国の王朝と国交を開くことを模索していた。『日本書紀』応神28年の記事には「高麗(高句麗)の王が使いを送って朝貢してきた。その上表文には『高麗の王、日本国に教える。』とあった。」とある。『書紀』の編年を干支2廻り120年下らせると、417年(仁徳35年)のことで、「日本国に教える。」とは「東晋に朝貢しなさい。」ということであると考える。しかし、東晋の政権は混沌としており、418年には強大な権力を得た劉裕が安帝を殺してその弟の恭帝を擁立した。そして420年、劉裕は恭帝から禅譲を受けて宋朝が開かれ、東晋は滅亡している。

420年(仁徳38年)、年若き久爾辛の後見人として国政を執った木満致が、四面楚歌の状況にあることを知った仁徳天皇は、中国の情勢を知るために、彼を召し挙げることにした。木満致も妻子のいる倭国にいくことに拘りはなかった。木満致は直支王12年(416年)に、東晋の安帝から使持節・都督・百済諸軍事・鎮東将軍・百済王の冊命を受けたときの経験を持っている。木満致は仁徳天皇の外交顧問として活躍することになった。木満致50歳、蘇我満智22歳±3歳の頃である。『宋書』倭国伝には、永初二年(421年)に倭王・讃が朝貢し叙授を賜った。太祖の元嘉2年(425年)に、讃が司馬曹達を遣わして方物を献ずとある。『日本書紀』応神37年(426年:仁徳44年)の記事には「阿知使主・都加使主を呉に遣わした。」とある。421年(仁徳31年)の朝貢には、木満致が使者として遣わされたのかも知れない。木満致の尽力を得て、仁徳天皇は宋王朝に朝貢することが出来た。

蘇我満智宿禰履中2年(433年)に、平群木菟宿禰・物部伊莒弗大連・円大使主らと共に国事を執っている。蘇我満智宿禰が35歳±3歳の頃であった。蘇我満智の息子の蘇我韓子宿禰が登場するのは、雄略9年(472年)で、この年韓子宿禰は新羅討伐に行き、同僚と諍いを起こし、討たれてかの地で亡くなっている。韓子宿禰の年齢を30歳から40歳とすると、蘇我満智が30歳から40歳の時に生まれた子となり、蘇我満智と蘇我韓子の親子関係は成り立つ。蘇我石川宿禰の娘と百済の官吏・木満致の子が、蘇我満智であるとすると、門脇禎二氏が注目した満致蘇我満智の関係が解けてくる。蘇我満智の息子の韓子と命名されているのも、祖父・木満致から来たもと理解できる。蘇我氏には、百済の官吏・木満致の血が流れている。


57-4.蘇我稲目は蘇我氏中興の祖 [57.蘇我氏の系譜と興亡]

『新撰姓氏禄』には蘇我氏を始祖と仰ぐ8氏族があるが、その内の4氏族(田中・小墾田・岸田・久米)が始祖を「武内宿祢五世孫稲目宿祢」とし、2氏族(桜井・箭口)が「宗我石川宿祢四世孫稲目宿祢」としており、蘇我稲目を蘇我氏の始祖、中興の祖としている。『日本書紀』に蘇我稲目が初めて登場するのは、宣化元年(536年)で、「もとどおり大伴金村と物部麁鹿火を大連とした。また蘇我稻目宿禰を大臣とし、阿倍大麻呂臣を大夫とした。」とある。

欽明元年(540年)に蘇我稻目宿禰は大臣を拝命している。また、稲目の娘の堅塩媛と子姉君は欽明天皇の妃となり、堅塩媛は七男六女を産み、第一子が橘豊日尊(用明天皇)、第四子が豊御食炊屋姫尊(推古天皇)である。堅塩媛の妹・子姉君は四男一女を産み、第三子が穴穂部皇女(用明天皇皇后、聖徳太子の母)、第五子が泊瀬部皇子(崇峻天皇)である。蘇我稲目が蘇我氏の中興の祖とされているのは、稲目が蘇我氏としては初めて大臣の位に付き、蘇我氏が代々大臣を世襲する道を開いたこと、娘の堅塩媛と子姉君を欽明天皇の妃とし、娘らが後の用明天皇・崇峻天皇・推古天皇を産み、蘇我氏が天皇家と強い姻戚関係を作った事によっている。
X124.天皇家と蘇我氏.png

蘇我稻目の祖父・韓子は新羅討伐に派遣された最中に、同僚と諍いを起こして、討たれて亡くなっている。また、父親の高麗は記紀には一切登場していない。蘇我稻目は親の七光りがあったわけではないのに、宣化元年(536年)唐突に大臣を拝命している。稲目は安閑朝(534~535年)に功績を挙げたため出世したと考える。『書紀』の安閑紀のほとんどは、「屯倉」の記事で占められている。安閑元年には、不祥事や罪の贖罪として屯倉を献上した話、皇后や妃の為に屯倉をたてた話、天皇の求めに応じて屯倉を献上した話、争いの調停の代償として屯倉を献上した話など、全部で10屯倉(上総・武蔵・摂津三島・摂津・倭・河内・安芸)についての記載がある。また、安閑2年には、26屯倉(上ヶ野・駿河・尾張・近江・紀・丹波・播磨・備後・婀娜・阿波・筑紫・豊・火)を置いたとある。

『日本書紀』を「屯倉」で検索すると、安閑朝36ヶ所、欽明朝6ヶ所、顕宗朝・宣化朝5ヶ所と、安閑天皇の在位が2年間であるにも関わらず圧倒的に多いことが分る。安閑紀に集中的に屯倉記事が記載されている点については,津田左右吉以来,『日本書紀』編纂時に作為的に集めたとの見解が有力であるとされているが,私はそうは思わない。継体天皇の時代に上哆唎・下哆唎・娑陀・牟婁の4県を百済に割譲し、南加羅・㖨己呑国・卓淳の三ヶ国を新羅に奪われると、任那の官家からの調(税収入)が減り、大和王権の財政が悪化した。安閑天皇の時代には、大和王権の財政にとって、屯倉を増やすことは必然であった。

平安初期に成立した『古語拾遺』雄略天皇の段には、蘇我稲目の曽祖父・蘇我満智は、三蔵(斎蔵・内蔵・大蔵)を検校(管理監督)し、秦氏をして財物の出納を、東・西文氏をして帳簿の勘録を、秦・漢二氏をして内蔵・大蔵の鑰(かぎ)を司らせたとある。蘇我氏は代々、三蔵や屯倉をはじめとする王権の財政に関わる任務に着いていたと思われる。蘇我稻目宿禰大臣は、宣化3年に尾張連を遣わして尾張國の屯倉の籾を運び、欽明16年には穗積磐弓臣等と、吉備五郡に白猪屯倉を置き、欽明17年には備前兒嶋郡に屯倉おき、また紀國に置海部の屯倉を置き、倭國の高市郡に、韓人を田部(屯倉の地を耕作する農民)とした大身狹の屯倉と高麗人を田部とした小身狹の屯倉を置いている。「身狹」は橿原市見瀬町に比定されている。これらからすると、蘇我稲目は安閑朝においても、屯倉の設置に貢献したと考える。


57-5.蘇我氏台頭の背景は飛鳥周辺の開発 [57.蘇我氏の系譜と興亡]

蘇我氏の出自と台頭の背景については、色々の説があるが、まだ明らかにされていない。蘇我氏の出自については、前節「57-3.蘇我氏には百済人の血が流れている。」で、明らかにすることが出来た。蘇我氏台頭の背景、蘇我稲目が大臣になった背景を解き明かしてみる。そのヒントは、蘇我稲目が活躍した欽明朝にあると考えた。欽明13年に百済の聖明王が欽明天皇に仏像と経論を奉ったとき、蘇我稲目は天皇からそれらを授かり、仏像を小墾田の自宅に安置し、向原の家を寺としている。小墾田は大和国高市郡雷(明日香村雷)に、向原は大和国高市郡豊浦(明日香村豊浦)に比定されている。また、欽明23年、大将軍大伴連狭手彦が数万の兵を率いて高麗を撃破して戦利品を持ち帰り、七織帳を天皇に奉り、鎧や金飾の太刀などと共に、美女の媛と従女を蘇我稻目宿禰大臣に送っている。蘇我稻目はこの二人召して、妻として媛と従女を軽の曲殿に住まわせている。軽は大和国高市郡大軽(橿原市大軽町)に比定されており、明日香村豊浦の南隣にある。推古天皇が豊浦宮・小墾田宮を建てていることからすると、これらの地は蘇我稲目の領地ではなく、蘇我稲目が屯倉(屯家)として天皇に献上し、自分の管轄化に置いていたように思える。


Z125.稲目の関わった地.png明17年に蘇我稲目が倭國の高市郡に、韓人を田部とした大身狹の屯倉と高麗人を田部とした小身狹の屯倉を設置している。蘇我氏は百済の官史・木満致を先祖に持つこともあり、渡来人を束ねる立場にあったと思われる。継体朝の終わり頃、蘇我稲目は渡来人を使って奈良盆地の南部を流れる曽我川・飛鳥川の改修・排水・灌漑工事を行い、両河川に挟まれた大和国高市郡曽我(橿原市曽我町)の地、曽我川流域の大和国高市郡曲川(橿原市曲川町)の地、飛鳥川流域の大和国高市郡雷(明日香村雷)・豊浦(明日香村豊浦)の地を開発した。曽我の地を蘇我稲目の本拠地となし、曲川と雷・豊浦の地を屯倉(屯家)として安閑天皇に献上した。安閑天皇は曲川に勾金橋宮を建て、雷の地を妃・紗手媛に小墾田屯倉として賜っている。


Z126.蘇我稲目と馬子.png平安時代に編纂された『扶桑略記』には、蘇我稲目は享年65歳、蘇我馬子は享年76歳としてあり、それをもとに二人の経歴を『日本書紀』に基づいて表126に示した。蘇我稲目は宣化元年(536年)に31歳の若さで大臣となっている。蘇我稲目が若くして大臣に成り得たのは曽我川・飛鳥川の改修・排水・灌漑工事で開発した曲川・雷・豊浦・大軽の地を屯倉(屯家)として天皇に献上し、その屯倉(屯家)の管理・監督を行ったからだと思える。また、蘇我馬子が敏達元年(572年)に22歳で大臣に就任したのは、欽明天皇の妃で七男六女を生んだ堅塩媛(蘇我稲目の娘)が、蘇我氏の繁栄を願い、弟の馬子を大臣に推挙したのであろう。
蘇我氏が蘇我稲目の時代に突然に台頭した背景は、稲目が飛鳥周辺の開発を行い、朝廷の屯倉(屯家)として献上したことにあると思われる。