So-net無料ブログ作成

53-3.倭国・百済・任那諸国は同盟関係にあった [53.「任那」を解けば歴史認識が変わる]

『日本書紀』369年(応神16年)[神功49年]の記事には「倭国の荒田別と鹿我別の二人の将軍は兵を整え、百済の使者と共に卓淳国に至り、百済の木羅斤資の率いる精兵の応援も得て、新羅を打ち破った。そして比自・南加羅・㖨・安羅・多羅・卓淳・加羅の七ヶ国を平定した。・・・百済王の肖古と皇子の貴須は、荒田別・木羅斤資と意流村で一緒になり、相見て喜ろこんだ。・・・百済王は春秋に朝貢しようと誓った。」とある。

欽明2年(541年)4月の記事には、百済の聖明王が任那の旱岐(国王)らに、「昔、わが先祖速古王・貴首王の世に、安羅・加羅・卓淳の旱岐らが、初めて使いを遣わして、相通じ親交を結んでいた。兄弟のようにして共に栄えることを願ったのである。」と言っている。また、7月の記事には「昔、わが先祖速古王・貴首王と、当時の任那諸国の旱岐らが、はじめて和親を結んで兄弟の仲となった。それゆえ自分はお前を子どもとも弟とも考え、お前も我を父とも兄とも思い、共に天皇に仕えて強敵を防ぎ。国家を守って今日に至った。」とある。

欽明2年の百済の聖明王が語った話は、[神功49年]にある話と同じで、速古王と貴首王は肖古王と貴須王であり、比自・南加・㖨・安羅・多羅・卓淳・加羅の七ヶ国が任那諸国でる。[神功49年]の
Z-51.七支刀.png「七ヶ国を平定」という言葉には、属国化するとか、植民地化するというニアンスがあり、戦前には倭国は任那諸国を植民地として支配したという通説があった。しかし、欽明2年の聖明王が語った話は、倭国の天皇を盟主として、倭国・百済・任那諸国が同盟関係にあったことを示している。石上神宮の国宝の七支刀は、百済の肖古王がこの同盟を記念して372年に倭王に奉じたものであり、「七枝」には同盟の想いが込められていたのである。


53-4.南加羅(金官伽耶)と加羅(大伽耶) [53.「任那」を解けば歴史認識が変わる]

Z-71.金官伽耶と五加羅.png

任那諸国(比自・南加・㖨・安羅・多羅・卓淳・加羅)のあった地域を伽耶と呼ぶが、伽耶諸国についての史料は少ない。『三国遺事』に引用されている『駕洛国記』は、知金州事(金海市長)の金良鎰が11世紀末に編纂したものである。『駕洛国記』は、「後漢光武帝18年、亀旨峰に天から紫の綱が降りてきて、黄金の箱に六個の卵があり、その卵から六人の童子が生まれた。最初に現れたのが首露で、その国は大駕洛(伽耶国)と呼ばれた。残りの五人は五伽耶の主となった。」とある。大駕洛は金官伽耶(金海)で、五伽耶は安羅伽耶(威安)、小伽耶(固城)、大伽耶(高霊)、星山伽耶(星州)、古寧伽耶(威寧)としている。


伽耶山.png『新増東国輿地勝覧』に引用された、9世紀末の新羅の儒学者・崔致遠が著した『釈利貞伝』には、「伽耶山の山神・正見母主は、天神・夷毗訶毗の感ずるところとなり、大加耶王の悩室朱日と金官加耶王の悩室青裔の二人を生んだ。悩室朱日は伊珍阿豉王の別称で、悩室青裔は首露王の別称である。」とある。『駕洛国記』と『釈利貞伝』が伝える金官伽耶の始祖王・首露と大伽耶の始祖王・伊珍阿鼓の誕生伝説はあくまで神話であるが、伽耶諸国を代表するのが、洛東江河口の金海にあった金官伽耶と、洛東江中流で伽耶山東麓の高霊にあった大伽耶の二国であったことを示している。

『三国史記』列伝の金庾信条には「南加耶始祖首露」とあり、任那7ヶ国の「
南加羅」が始祖を首露とする金官伽耶であることが分る。大伽耶が任那7ヶ国の「加羅」あることを直接表記した史籍はないが、『三国史記』地理史、高霊郡条に「もと大加耶国、始祖伊珍阿鼓王(内珍朱智とも云う)より道設智王に至る。凡そ16世520年。真興大王これを滅ぼし、その地を以って大加耶となす。」とある。『釈利貞伝』によると、大加耶国の始祖伊珍阿鼓王と金官伽耶の始祖・首露王は二子に生まれている。『駕洛国記』よると、金官伽耶の始祖・首露王の誕生は後漢光武帝18年(42年)である。これらから逆算すると、大加耶国が新羅の真興大王に滅ぼされたのは562年(520+42)となる。

『三国史記』新羅本紀、
真興王23年(562年)には、「加耶が反乱を起こした。王は異斯夫に命じてこれを討伐させ、斯多含を副将とした。・・・すべて降伏した。」とある。『三国史記』列伝第四の斯多含条には、「眞興王、伊飡の異斯夫に命じて、加羅(加耶)國を襲う。」とある。これらより、大伽耶国が加耶國・加羅国であることが分る。『南斉書』東夷伝によると、479年斉に加羅王荷知の使いが来献し「輔國將軍加羅王」の称号を得ている。この加羅は大伽耶であると考えられている。

Z-70.5世紀末新羅城.png『宋書』倭国伝では、451年宋に朝献した済(允恭天皇)は「使持節・都督・倭・新羅・任那・加羅・秦韓・慕韓六国諸軍事・安東将軍倭国王」称号を与えられ、478年に朝献した武(雄略天皇)も大将軍に昇格するが、同じ称号を与えられている。称号から見ると「任那」と「加羅」は別の国とされている。これらより、南加羅(金官伽耶)を盟主国とする任那連合と加羅(大伽耶)を盟主国とする加羅連合があり、任那連合と加羅連合を合わせた伽耶諸国(任那7ヶ国+α)の任那同盟があると考える。


53-5.任那七ヶ国が比定出来れば「任那」が解る [53.「任那」を解けば歴史認識が変わる]

「任那」の文字が多く出てくる継体紀・欽明紀は、「任那の復興」について書かれているが、何度読んでも任那の実態がもう一つ分かり難い。それは、場面々々で「任那」の内容が、任那連合(洛東江下流と支流の南江で囲まれた倭人が住んでいた諸国)、任那同盟(伽耶諸国:任那連合+加羅連合)、任那地域(任那同盟+慕韓+秦韓)と違っているからだ。そのため、今後断らないかぎり、「任那」は任那同盟(伽耶諸国:任那連合+加羅連合)の任那七国+αを示すとする。

『駕洛国記』には、六伽耶の地が現在の地名で比定されている。それをもとに
任那七国の地を比定してみる。南加羅(金官伽耶・大駕洛)が慶尚南道の金海①に比定されている。この南加羅(金官国)は532年に新羅により滅ぼされている。安羅は安羅伽耶であり、安羅(阿羅・阿那・阿尸良)は慶尚南道の咸安②に比定されている。加羅(大伽耶・加耶)は慶尚北道の高霊③に比定されており、562年に加羅は新羅に滅ぼされている。

「駕洛国記」の五伽耶には出て来ないが、『三国史記』地理史にある大良州(大耶州)が多羅国で、洛東江支流の黄江中流域に在る慶尚南道の陜川④に比定されている。黄江下流域にある玉田古墳群の近くには、多羅里の地名が現存している。『三国史記』地理史にある比自火(比斯伐)が比自で慶尚南道の昌寧⑤とされている。昌寧は洛東江と山に囲まれた地域で、洛東江東岸で新羅側にあるにも関わらず、長らく伽耶の影響下にあった。新羅の真興王は加羅を滅ぼす前年の561年に、昌寧の地に碑(昌寧碑)を建立し、その決意を表明している。

Z-72.任那7ヶ国.png任那7国の内5ヶ国は比定できた。残るは卓淳(㖨淳)と㖨(㖨己呑)の二ヶ国である。両国は言語学者の鮎貝房之進氏が慶尚北道の大邱・慶山の古名が卓淳・㖨に通じるものがあると比定して以来、卓淳は大邱、㖨は慶山に比定するのが有力視されている。朝鮮半島の地形図Z72 では、「A」が大邱、「B」が慶山である。都を慶州の金城に置く新羅にとって、百済・高句麗に対処するために、西の洛東江に進出する要(かなめ)の地は大邱であることは、軍師の諸葛孔明・竹中半兵衛・黒田官兵衛でなくても一目瞭然である。四世紀の初めに興った新羅が、卓淳国と㖨国が新羅に滅ぼされた六世紀の初めまでの
2百年間も、自国の陣営に取り込まないで置くはずは無いと考える。現に
『三国史記』によると、新羅は261年に達伐城(慶北大邱市)を築いている。また、沾解王(247~261年)のとき沙伐国(慶北尚州市C)を州としたことや、5世紀後半に忠清北道に多くの城(▲)を造っていることからも分かる。大邱・慶山は4世紀以降新羅の領域であり、6世紀前葉まで存続した卓淳(㖨淳)と㖨(㖨己呑)を大邱・慶山に比定することは出来ない。

『日本書紀』の欽明5年
(544年)3月の記事に、「新羅は春に㖨淳(卓淳)を取り、わが久礼山の守備兵を追い出し占領した。その後、安羅に近い所は安羅が耕作し、久礼山に近い所は新羅が耕作し、侵しあわずいた。」とある。これらからして、532年に滅ぼされた金官国(南加羅)の隣に卓淳国があり、その隣に安羅国があるということになる。昌原⑥の一帯が卓淳国に比定する。

㖨国については、
欽明2年(541年)4月の記事に、「㖨己呑(㖨)は加羅と新羅との境にあって、ひっきりなしに攻められ敗れた。任那も救い助けられなかった。それで亡んだ。」とある。これらに該当する地は、加羅を大伽耶(高霊E)と捉えると、㖨国は星山伽耶(星州F)となる。金官国と㖨国は同じ頃に新羅に滅ぼされたことから、㖨国を金官国の近くに考える学者もいるが、私はそうは思わない。新羅が同盟七国を相手に戦を仕掛けるとき、南の端と北の端の二国を同時に攻める戦略の方が優れていると思える。欽明5年(544年)3月の記事には、「㖨国も卓淳国も新羅に内応したために滅びた」とある。532年に新羅に投降した金官国の金仇亥国王は、新羅から上等の位を授けられ、本国をその食邑に与えられている。この戦略が功を奏し、㖨国も卓淳国も新羅に籠絡されたのであろう。㖨国を星山伽耶の地、星州⑦に比定する。

『古代の韓国と日本』(1988年)に金泰植氏の「5世紀後半、大伽耶の発展」という論文がある。その中に「星州と高霊を一つの政治勢力と見るのは妥当でない。二地域の古墳遺物を比較して見ると、星州・星山洞1・2・6号墳から出土した土器形式は、全般的に慶州出土のものと似ている。そして、星山洞1号墳出土の金製耳飾、金製帯金具・冠飾なども慶州・梁山・昌寧校洞・
大邱飛山出土のものと同じ形式を帯びている。つまり、遺物の様相からみて、高霊は前段階の伽耶形式を継承した様相を見せているのに比して、星州は洛東江東岸の新羅様式をおびており、文化的にも政治的にも慶州の新羅王権と交渉が深いことを反映している。」とある。考古学からしても、星山伽耶の地・星州⑦を㖨国に比定しても齟齬は無い。


53-6.百済は慕韓(全羅南道)を割譲で得た [53.「任那」を解けば歴史認識が変わる]

『日本書紀』によると、519年(継体6年)百済は倭国に、任那の上哆唎・下哆唎・娑陀・牟婁の4県が欲しいと願い出た。哆唎の国守・穂積臣押山は「この四県は百済に近く連なって、日本からは遠く隔たっている。・・・今百済に賜って同じ国としたならば、この地を保つための策としては、これに過ぎるものはない。」と進言した。大伴大連金村もこの意見に同調して奏上し、4県の割譲が決まっている。これら4県は、倭の五王の済(允恭天皇)と武(雄略天皇)が、宋より認められた軍事・内政面の支配権が及んだ慕韓であると考える。4県の比定地には諸説あるが、全羅南道の栄山江流域に5世紀末から6世紀前半に築造されたと思われる13基の前方後円墳があることから、栄山江流域とする説に賛同する。

520年(継体7年)
に百済は、「伴跛国は、私の国の己汶の領土を奪った。天恩によって、元通りに還付するよう願いします。」と上奏した。11月に百済の文貴将軍が新羅・安羅・伴跛を倭国に連れてきて、天皇の詔を得て己汶・滞沙を賜っている。伴跛国は珍宝を献上し、己汶の地を乞うたが願いは叶わなかった。己汶の地は、全羅南道と慶尚南道の境界を流れる蟾津江の上流にある南原と比定されている。この場合の滞沙は蟾津江下流の河東でなく、上流の谷城であると考える。

考古学的にみると、南原にある月山里・斗洛里・東村里・三峯里の古墳群の様相は、百済系ではなく全て伽耶系であるそうだ。百済の主張は偽りであり、伴跛の主張の方が正しかったのであろう。
521年(継体8年)、伴跛は城を子呑と滞沙(河東)に築いて倭国との戦いに備えた。522年(継体9年)、百済の文貴将軍の帰国に副えて、物部連が遣わされた。物部連は水軍5百を率いて帯沙江(蟾津江河口)に着いたが、伴跛の軍に敗れ退却している。

『梁職貢図』百済使.png「伴跛」の名称は『日本書紀』でも、継体7年から継体9年に現れるのみであり、『三国史記』や中国の史書には全く現れない。しかし、中国の皇帝に朝貢した諸国の使者の様子を表した絵図と付記の『梁職貢図』百済使条には、百済の旁(そば)の小国として、叛波・卓・多羅・前羅・斯羅・止迷・麻連・上己文・下枕羅の9ヶ国の国名が出てくる。「叛波」が「伴跛」である。梁は502年~556年であり年代的にも『日本書紀』と合っている。伴跛国の比定地については、継体7年(520年)の伴跛の使者「既殿奚」と、欽明2年・欽明5年(544年)の加羅の上首位の使者「古殿奚」が同じであるから、伴跛は加羅であるとの説がある。私は、己汶・滞沙を割譲した場面に伴跛と安羅が居るが加羅は居ないこと、『梁職貢図』の百済使条には伴跛と多羅が在るが加羅は無いことから、伴跛は加羅であると考える。

532年[継体23年]、百済は「加羅の多沙津(帯沙江:蟾津江河口)を賜り、朝貢の路としたい。」と願い出ている。加羅王は「この津は官家
(みやけ)が置かれて以来、私が朝貢のときの寄港地としている所で、容易く隣国に与えられては困る。初めに与えられた境界の侵犯だ。」と反対するも、百済の願いが通ることとなる。「加羅の多沙津」の「加羅」は、加羅連合国を表しており、「加羅王」は加羅連合国の盟主国である加羅国の王である。

475年に高句麗の長寿王よって漢城(ソウル市)を奪われた百済は、都を熊津(忠清南道公州市)に遷した。北部の領土を失った百済にとっては、南部への進出(侵出)が必須となった。519年には栄山江流域の上哆唎・下哆唎・娑陀・牟婁の4県を倭国から割譲を受け、520年には己汶(南原)と滞沙(谷城)の地を、532年には多差(滞沙)津を、倭国の後押しで加羅連合から奪って、慕韓(全羅南道)の全てを領有している。

Z-73.6世紀半ば朝鮮半島.png532年[継体23年]、百済に多沙津を賜った年に、任那の南加羅(金官国)が新羅に滅ぼされている。領域からみると南加羅よりも百済に割譲した慕韓(全羅南道)の全領域の方がはるかに大きい。しかし、倭国は百済へ割譲した領域のことは問題にせず、南加羅を新羅から奪還し任那に復興させることに注力をしている。その「任那復興会議」は百済の聖明王のイニシアチブのもとで開かれている。倭国と加羅連合を手玉に取り、百済の再興をはかった百済王は、武寧王(501~523年)と聖明王(523~554年)である。図Z73に6世紀半ばの朝鮮半島の勢力図を示す。なお、532年には任那の南加羅(金官国)が新羅に滅ぼされているが、地図には表記していない。