So-net無料ブログ作成
検索選択

52-3.継体天皇崩御の年を解く [52.雄略天皇から継体天皇までの編年を解く]

『日本書紀』は継体天皇の崩御の年について、継体紀には「継体25年2月7日に、継体天皇が磐余の玉穂宮で崩御された」とある。書紀の編年に従えば、継体25年は辛亥の年で531年にあたる。一方、安閑紀には「継体25年春2月7日に、継体天皇は安閑天皇を即位させられた。その日に天皇は崩御された。」とあり、安閑天皇の即位は継体天皇が崩御された531年になる。一方、「元年春一月都を倭の国の勾の金橋に遷した。・・・この年、大歳甲寅」とある。『日本書紀』においては、「大歳」は天皇が即位した年の最後に記載している。「安閑元年」とあるから、安閑天皇が即位した年であり、甲寅の年は534年となる。安閑天皇の即位は531年と534年の二つが記載され、3年間の矛盾がある。

『日本書紀』の継体紀の最後には「――ある本によると、天皇は28年甲寅の年に崩御している。それを25年辛亥の年に崩御としたのは、百済本記によって記事を書いたからである。その文には『辛亥の年3月、進軍して安羅に至り、乞屯城を造った。この月高麗はその王、安を弑した。また聞くところによると、日本の天皇および皇太子・皇子皆死んでしまった。』とある。辛亥の年は25年にあたる。後世、調べ考える人が明らかにするだろう。」との記載がある。ある本の通り、「継体
28年2月7日に、継体天皇は安閑天皇を即位させられた。その日に天皇は崩御された」とすると、継体天皇の崩御・安閑天皇の即位は甲寅の年で534年となり3年間の矛盾は起こらない。

『百済本記』の「辛亥の年3月、この月高麗はその王、安を弑した。」とある。『三国史記』高句麗伝によると、531年(辛亥)に興安王(安臧王)が亡くなっており、『百済本記』は干支・内容が正確であることが分る。一方、『日本書紀』によると、安閑2年12月17日に安閑天皇が崩御されている。継体天皇の崩御・安閑天皇の即位は534年とすると、安閑天皇の崩御は535年である。『百済本記』の「日本の天皇および皇太子・皇子皆死んでしまった。」の内容は合っていることが分る。『百済本記』が「辛亥の年3月、進軍して安羅に至り、乞屯城を造った。この月高麗はその王、安を弑した。また聞くところによると、
この頃日本の天皇および皇太子・皇子皆死んでしまった。」と、「是頃」の二文字さえあれば、『日本書紀』の述作者も早とちりすることがなかったのであろう。『日本書紀』の述作者とっては、『百済本記』は編年のバイブルであり、疑問を正すことが出来なかったのであろう。

Z-62.継体天皇年表.png

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

元の「縮900年表」では、継体天皇崩御は531年で、2年間の空位の後に安閑天皇が534年に即位したことになっていた。新「縮900年表」(表Z61)は、継体天皇は28年甲寅(534年)の年に崩御、安閑天皇も同年に即位したと編年し、空位の2年間は無くなった。元の「縮900年表」より、継体紀は3年間延長されたが、その3年間は、525年に都を山城国乙訓に遷した、529年に都を大和の磐余に遷したと、両者の間に3年間あること(元の「縮900年表」では無し)で吸収している。表Z62に継体紀の年表を示した。そして末尾に、改めて「縮900年表」全体を掲示する。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

年表最終版1.png年表最終版2.png年表最終版3.png年表最終版4.png年表最終版5.png年表最終版6.png年表最終版7.png年表最終版8.png年表最終版9.png年表最終版10.png


52-4 継体天皇の陵墓と筑紫国造磐井の墳墓 [52.雄略天皇から継体天皇までの編年を解く]

Z-63.新池遺跡前景.png

『日本書紀』は継体天皇を藍野陵に葬ったとある。宮内庁は継体天皇の藍野陵を大阪府茨木市(摂津国三島郡藍野)にある太田茶臼山古墳に比定している。太田茶臼山古墳は墳長が20位にランクされる227mの前方後円墳である。その築造年代を知る手掛かりは、陵墓から出土した埴輪でしかない。太田茶臼山古墳の埴輪は、その形状・整形の刷毛目・胎土分析・ベンガラの塗り具合から、陵墓の東北1kmにある、新池埴輪生産遺跡のA期の埴輪と一致することが明らかにされている。A期の埴輪生産遺構としては3基の窯と工房・集落が見つかっており、出土した円筒埴輪は型式Ⅳ期(400~479年)で、須恵器は型式ON46(400~459年)である。これらより太田茶臼山古墳の埴輪の製作年代は、継体天皇の即位514年よりも半世紀以上前であり、太田茶臼山古墳は継体天皇陵ではないと判断できる。

大阪府高槻市にある今城塚古墳が継体天皇の陵墓だと、多くの考古学者が比定している。今城塚古墳は墳長が190mで42位にランクされる規模の前方後円墳である。今城塚古墳から出土する須恵器の多くはTK10型式である。TK10の編年は520~539年であり、継体天皇の崩御534年との整合性はとれ、今城塚古墳は継体天皇の陵墓と言える。

Z-64.新池ヘラ記号「舟」.png今城塚古墳の埴輪は西北西800mにある、新池埴輪生産遺跡のC期の窯で製作されたものであることが分っている。それは両者の円筒埴輪の型式がⅤ期(470年~)で、埴輪の形状や整形の刷毛目が同じであるだけでなく、「舟」のヘラ記号を書いた円筒埴輪が、今城塚古墳と新池遺跡のC期の遺構の双方から出土しているからである「舟」のヘラ記号のある円筒埴輪の一つは、C期の窯の近くの1号井戸の井筒に使用されていたが、その井戸からはMT15(500~519年)の須恵器が出土している。継体天皇の即位は514年、崩御は534年であり、陵墓は生前から造営していた寿陵であったと言える。

『日本書紀』は継体21年6月に、近江の毛野臣が兵6万を率いて任那に行こうとしたとき、筑紫国造磐井が反乱を起こし、火国・豊国を抑え、毛野臣の任那への派遣を遮った。翌年11月に大将軍・物部麁鹿は、筑紫の御井郡(福岡県三井郡)で磐井を斬り、反乱は鎮圧された。筑紫君葛子は父(磐井)の罪に連座して誅されるのを恐れ、糟屋の屯倉を献上して、死罪を免れることを請うたとしている。

筑後国風土記に、「上妻県の南二里に筑紫磐井の墓墳がある。・・・石人・石盾が六十枚ずつ交互に、列をなして四面をめぐっている。東北の一隅に別区があって衙頭という。その中には一人の石人があり・・・古老はこう伝えている。雄大迹
(継体)天皇の世に、筑紫磐井は強くまた暴虐で、天皇の命に従わなかった。この墓は彼が生前に造営したものであった。・・・官軍は磐井を追ってこの墓所に来たが、兵士たちは怒りのあまり石人の手を撃ち折り、石馬の頭を打ち落としたという。・・・」とある。

Z-65.岩戸山古墳.png福岡県八女市にある岩戸山古墳が筑紫磐井の墳墓とされている岩戸山古墳は墳長125mの前方後円墳であるが、古墳からTK10型式の須恵器が出土しており、その築造年代は520~539年と考えられる。磐井が反乱を起こした継体21年は「縮900年表」では530年になる。反乱の翌年亡くなった筑紫磐井が、生前に造っていた墳墓が岩戸山古墳として齟齬はない。古墳の東北の空濠の外側には、風土記に「衙頭」と記されている一辺40mの方形の区画があって、そこから石人・石馬などの石製品が出土しているが、いずれも首や足が取れており、風土記に記してあるように、官軍が壊したものかも知れない。阿蘇の凝灰岩で製作された石人・石馬を飾った古墳は福岡県南部・熊本県北部・大分県東部に集中するが、それは磐井が抑えた筑紫国・火国・豊国と一致している。

Z-66.今城塚古墳祭祀埴輪.png継体天皇の陵墓とされる今城塚古墳、筑紫磐井の墳墓とする岩戸山古墳の築造年代は、520~539年(TK10型式)と同じである。今城塚古墳の二重の濠を区分する内堤からは、東西約60m南北約6mの埴輪祭祀区があり、家形・器財・人物・動物の埴輪113点以上が出土している。一方、岩戸山古墳の空濠の外側にある一辺40mの方形の別区には、器財・人物・動物の石製品が多数出土している。今城塚古墳と岩戸山古墳の祭祀の製品は、埴輪と石製品との違いがあるが、いわゆる造出しと違った場所に、祭祀の区画を設けている点では同じである。

筑紫磐井は近江毛野臣に「昔はおれの同輩で肩肘触れ合わせ、同じ釜の飯を食った仲」と言っている。埼玉県の稲荷山古墳から出土した金象嵌鉄剣には、「オワケ」なる人物が官人として雄略天皇に宮中で仕えていたと刻まれているが、筑紫の国造であった磐井は、官人として継体天皇に宮中で仕えていた時期があったのではないかと想像する。そのとき継体天皇が寿陵として造営していた今城塚古墳の様相を見聞きし、筑紫磐井はそれを参考して、生前から墳墓を造営したと考える。倭国の盟主国であった奴国の国王を先祖に持つ筑紫磐井にとっては、応神天皇の五世孫として越前の国から天皇に迎えられた継体天皇を妬み、自分も筑紫(北部九州)の王とならんと考え、乱を起こしたのではないだろうか。


53-1.任那は朝鮮半島南部の倭人が住む地 [53.「任那」を解けば歴史認識が変わる]

『日本書紀』の欽明紀(540~571年)を読むと「任那」の文字がやたらに多いことに気付く。『日本書紀』を「任那」の文字で検索すると、最も多いのが29代の欽明天皇紀で133件、2番目が33代の推古天皇紀で29件、3番目が26代の継体天皇紀で16件である。ちなみに、「任那」の文字が最初に出てくるのが10代の崇神天皇紀で、最後に出てくるのが、36代の孝徳天皇紀(645~654年)である。

『日本書紀』(720年編纂)以外で「任那」の文字が出てくるのは、中国の史書では『宋書』(~513年編)、『南斉書』(~537年編)、『梁書』(629年編)、『翰苑』(660年編)であり、金石文としては「好太王碑」(414年建立)、「新羅眞鏡大師塔碑」(924年建立)である。なお、朝鮮の正史『三国史記』(1145年編)では、「任那」の文字の表記は列伝に「臣はもと任那加良の人」と一例あるだけで、本紀には全く出て来ない。『三国史記』が任那の国の存在を無視しているのは、編纂者の金富軾にナショナリズムの想いがあったからであろうか。

Z-67.3世紀末朝鮮半島.png「任那」を理解するためには、高句麗・百済・新羅の三国が登場する以前の、朝鮮半島の情勢について理解しておく必要がある。『三国志』魏志韓伝(~297年編)に、「韓は帯方郡の南にあり、東西は海である。南は倭と接す。韓には馬韓・辰韓・弁韓の3種がある。馬韓は西に在り、およそ50余国。辰韓は馬韓の東にあり、始め6ヶ国に分かれていたが12ヶ国となる。弁辰も12ヶ国で、辰韓と雑居している。弁辰の瀆盧国は倭と界を接している。」、「国(辰韓or弁辰?)には鉄が出て、韓、濊、倭が皆これを取っている。また、楽浪・帯方の2郡に供給している。」とある。辰韓12ヶ国と弁韓(弁辰)の12ヶ国を一緒に明記しているが、数が合わないばかりか、両者に同じ名前の国が2ヶ国ある。私は、辰韓と弁韓、そして両者が雑居している弁辰があると理解する。辰韓と弁韓が雑居している「弁辰」の地域は、洛東江上流域であると考えた。弁韓と倭が接するという事は、その境が山で区切られているのでなく、平野の中で川を境にしていると考え、弁韓と倭の境は洛東江とその支流の南江であるとした。図Z67に3世紀中頃の朝鮮半島の勢力図を示す。
Z-68.朝鮮半島弥生土器.png
言語学者の伊藤英人氏は論文「朝鮮半島における言語接触」の中で、「多くの論者が、この時期(3世紀)朝鮮半島南部に倭語を話す集団が存在していたことに言及している。」と書いている。図Z68は石田あゆみ氏の論文「朝鮮半島出土弥生系土器から復元する日韓交渉」に示された図である。3世紀朝鮮半島南部に倭人が住む地域があることは、言語学・考古学の面からも証明されている。


『日本書紀』で「任那」が初めて出てくるのは、270年(崇神20年)[崇神65年]に、「任那国が蘇那曷叱智を遣わして朝貢して来た。任那は筑紫を去ること2千余里。北のかた海を隔てて鶏林(新羅)の西南にある。」とある。筑紫(福岡)から任那(金海)までの距離は、福岡→壱岐
(芦辺)→対馬(厳原)→対馬(韓崎)→金海のルートで、地図で測ると264kmである。魏志倭人伝の里数の計算で、私は500里が60kmであるとして、倭国の国々を比定した。この公式を用いると筑紫(福岡)から任那(金海)は2200里となり、『日本書紀』の2千余里とほぼ一致する。魏志倭人伝の里数の計算については、「48-8.西都市に邪馬台国の都があった」を参考頂きたい。

275年(垂仁2年)に、「任那の蘇那曷叱智に、任那王の贈物として赤絹百匹を持たせて帰らしたが、新羅の人が途中でこれを奪った。両国の争いはこのとき始まった。」とある。『三国史記』新羅本記には、新羅と任那の抗争の記事は一つもない。しかし、新羅と倭人・倭兵との抗争の記事はたくさん記載されている。新羅と倭国の抗争以外に、新羅と任那在住の倭人との抗争があったと考えるとつじつまが合ってくる。朝鮮半島南部の倭人が住む地域の総称が「任那」と考える。

なお、『日本書紀』の編年(西暦と年号)は「縮900年表」で表示している。[ ]で囲んだ西暦と年号は『日本書紀』の編年通りである。年号が「縮900年表」と『日本書紀』が同じである場合は、[ ]の表記は省略している。今後この表記を使用する。


53-2.倭の五王の支配権が及ぶ国々 [53.「任那」を解けば歴史認識が変わる]

4世紀に入り西晋(280~316年)が弱体化すると、朝鮮半島の勢力図は一変する。北部にあった高句麗は南下政策を取り、313年に楽浪郡を、その翌年には帯方郡を滅ぼした。また、4世紀初め頃には馬韓から百済が興り、辰韓から新羅が興っている。5世紀になって、高句麗・百済・新羅の三国に倭国も加わった、和合と抗争が朝鮮半島で繰り広げられている。その中で高句麗は、広開土王(392~413年)の時代に勢力を拡大し、427年に長寿王(413~491年)は平壌に遷都して、475年には百済の漢城(ソウル市)を落城させた。そのため、百済の文周王は都を熊津(忠清南道公州市)に遷している。

好太王(広開土王)碑に「倭は辛卯の年(391年)よりこのかた、海を渡って来て百済を破り、東方では新羅を□し、臣民にした。」とあるように、倭国も仁徳天皇(381~431年)の時代以降、朝鮮半島において高句麗と覇権を争っている。『宋書』
倭国伝によれば、451年宋に朝献した済(允恭天皇)は「使持節・都督・倭・新羅・任那・加羅・秦韓・慕韓六国諸軍事・安東将軍・倭国王」の称号を与えられ、478年に朝献した武(雄略天皇)も安東大将軍と昇格したが同じ称号を与えられている。倭王に与えられた「使持節・都督・諸軍事」の意味は、軍事・内政面に支配権を与えるという称号である。

倭は新羅にまで、軍事・内政面の支配権をもっていたのであろうか。2011年に発見された梁の『梁職貢図』、中国の皇帝に朝貢した諸国の使者の様子を表した絵図と付記には、「新羅は或るとき韓に属し、あるときは倭に属したため国王は使者を派遣できなかった。普通二年(521年)に募秦王(法興王)が百済に随伴して始めて朝貢した。」とある。『日本書紀』には、351年(神功5年)、367年(応神14年)[神功47年]、391年(仁徳11年)に、新羅が倭国に朝貢したという記事がある。しかし、397年(仁徳17年)には新羅が朝貢しなかったので、倭国は問責の使いを出し、貢ぎ物を届けさせとある。417年(仁徳35年)[仁徳53年]では、新羅が朝貢しなかったので問責使を出すも戦となったとある。この年以後6世紀中頃まで、新羅が朝貢したという記事はない。好太王碑には、400年に高句麗は
新羅救援のため5万の歩騎を派遣し、倭軍を追い払ったとある。新羅と倭の関係においては、『梁職貢図』と『日本書紀』が記すように、4世紀の後半に新羅が倭国に朝貢するという関係があったが、5世紀には新羅と高句麗が同盟することにより、その関係は解消されていたのであろう。

倭の五王の済(允恭天皇)と武(雄略天皇)が、宋より認められた軍事・内政面の支配権は、任那・加羅・慕韓・秦韓に及んだと思われる。慕韓・秦韓は5世紀後半には存在しないとの説もあるが、私は全羅南道に馬韓の生き残りの慕韓が、釜山・梁山に辰韓の生き残りの秦韓が存在したと考える。全羅南道の栄山江流域には、5世紀末から6世紀前半に築造されたと思われる13基の前方後円墳がある。百済・新羅・伽耶の墳丘の形状は全て円墳であり、前方後円墳は明らかに倭国の影響を受けた墳墓と言える。これらの前方後円墳の存在は、これらの地に6世紀前半まで慕韓が存在し、倭国が軍事・内政面の関わりがあった証拠であると考える。

秦韓は釜山・梁山に生き残っていたのだろうか。秦韓が存在した釜山と梁山の中間の釜山市東菜区に福泉洞古墳群がある。幅約100m・
長さ700mの丘陵に、170基の古墳が発見された。その造営時期は三韓時代から三国時代(世紀初頭から世紀)までの長期にわたり、伽耶を代表するものである。発掘された遺物は土器類、金属類、裝身具など万点に及び、中でも鉄を含めた金属製品が千点出土していることが特徴である。

31
-32号墳は主槨・副槨共に木槨の5世紀の初頭の古墳で、陶質土器(須恵器)は伽耶系で新羅系が若干混じっている。21-22号墳は主槨が竪穴式石槨、副槨が木槨の5世紀前半の古墳で、陶質土器は伽耶系と新羅系が半々である。10-11号墳も主槨が竪穴式石槨、副槨が木槨の5世紀の半ばの古墳で、陶質土器は新羅系である。考古学的にみると、釜山・梁山に存在した思われる秦韓は、5世紀半ば頃に新羅の領域に入っている。『三国史記』新羅本記には「463年に倭人が歃山城(慶尚南道梁山郡)を攻めた。」とあり、釜山・梁山が5世紀半ば頃には、新羅の支配下にあったことが分る。

4世紀になって、洛東江中流域にあった弁韓国が加羅となり、洛東江下流と支流の南江で囲まれた倭人が住んでいた地が任那となった。加羅も任那もそれぞれ一国ではなく、小国の連合体と考え、加羅連合・任那連合と呼ぶことにする。洛東江上流域にあった辰韓と弁韓が雑居した弁辰の地は4世紀中頃には新羅の領域となっていると考える。『三国史記』によると、新羅は261年に達伐城(慶北
大邱市)を築き、沾解王(247~261年)のとき沙伐国(慶尚北道尚州郡)を州とし、293年には沙道城を改築して、沙伐州の有力者80余家を移したとある。これらの年代は信頼がおけないかもしれないが、5世紀後半に新羅が忠清北道に多くの城を造っていることからしても、少なくとも5世紀前半には弁辰の地が新羅の領域であったことは確かである。図Z69に4世紀末、図Z70に5世紀末の朝鮮半島の勢力図を示す。なお、三角形は5世紀後半に新羅が造った城である。

Z-69.70.4-5世紀末朝鮮半島.png