So-net無料ブログ作成

51-6.応神陵古墳の年代は陪塚で分かる [51.統一国家(大和王権)はいつ誕生したか]

古墳時代の象徴が前方後円墳であり、その巨大さで最高峰に立つのが大阪府堺市にある墳丘長さ486mの大山古墳、仁徳陵古墳である。それに続く巨大な前方後円墳は羽曳野市にある墳丘長さ420mの誉田御廟山古墳、応神陵古墳である。平成22年10月文化庁は、世界遺産暫定一覧表への百舌鳥・古市古墳群の掲載を認めた。残念ながら昨年度の世界遺産の登録候補としては推薦されなかったが、堺市・羽曳野市・藤井寺市が提出した提案書の表題は、「百舌鳥・古市古墳群-仁徳陵古墳をはじめとする巨大古墳群-」である。この提案書の作成には考古学者も関わっているなかで、「仁徳陵古墳」や「応神陵古墳」と表記されたことは意義深いことに思われる。それは、考古学において、仁徳陵古墳とか応神陵古墳と呼ばれることはなく、仁徳天皇・応神天皇の存在すら疑われていた時代があったからである。

応神陵古墳の築造年代は、私の編年表からすると埴輪Ⅳ式と誉田八幡宮にある長持形石棺から400年~469年と推定されるが年代幅が広い。応神陵古墳の外堤外側から須恵器TK73が出土しているが、これが応神陵古墳の築造当時のものであるとすれば、築造年代は400年~419年となる。しかしながら遺物の信頼性に欠ける。

応神陵古墳は宮内庁が管理しており考古学的資料は少ない。それならば、考古学的資料は応神陵古墳の陪塚に求めるしかない。宮内庁は墓山古墳を応神陵古墳の陪塚としている。墓山古墳は円筒埴輪Ⅲ式(370~409年)と人物埴輪(400年~)の関係から、築造年代が400年~409年に比定できる。しかし、墓山古墳自体に陪塚があることから、考古学的には応神陵古墳の陪塚ではないとされている。

Z-53.応神陵古墳.png応神陵古墳の陪塚の一つだと確実視されているのがアリ山古墳だ。アリ山古墳は一辺45mの方墳で、応神陵古墳の二重濠外堤に接して築かれており、おびただしい量の鉄器(鉄斧134個、蕨手刀子151個、鉄鑿90個、鉄鎌201個、鉄鍬先49個、鈎状鉄器412本等)が出土している。編年表からは円筒埴輪Ⅳ式(400~479年)と蕨手刀子(330~399年)の要素から、築造年代は395年から405年となる。応神天皇の治世は「縮900年表」では、354年に即位し378年に崩御している。応神陵古墳の築造年代は395年から405年とすると、崩御の15年~20年後に古墳が完成したことになり、両者の関係はほぼ妥当である。


51-7.仁徳天皇は好太王と覇権を争った [51.統一国家(大和王権)はいつ誕生したか]

Z-54.好太王碑.png

邪馬台国の卑弥呼が魏と交わったのが三世紀前半であり、倭の五王が南朝と好を結んだのが5世紀である。この150年間、正確には晋書の「泰始2年(266年)、倭の女王使者を遣わして貢献」から、「義熙9年(413年)、高句麗・倭国方物を献ず」の間、中国の歴史書には倭国の名は登場しない。この空白の150年間で、古代朝鮮の遺物、好太王碑(広開土王碑)に倭国の名が登場する。好太王碑は中国の吉林省集安県の鴨緑江中流域、その昔高句麗の王都・丸都城のあったところにある。碑は高さ6.3m、幅1.4~1.9mで四面に渡って約1800の文字が刻まれている。碑文は三段からなり、第一段は高句麗の開国伝承と建碑の事情、第二段は好太王の功績、第三段は陵墓の墓守についてである。倭国に関する記事があるのは第二段で、好太王が領土を拡大した業績を賛美した部分に「倭」の文字が8文字出てくる。

朝鮮の正史『三国史記』によると、高句麗の好太王(広開土王)の在位は392~413年であり、好太王と対峙した百済の王は、阿華王(在位392~405年)と直支王(在位405~420年)である。倭国は、「縮900年表」によれば、仁徳天皇(在位381~431年)となる。『日本書紀』では阿花王・直支王の名が登場するのは応神紀であり、これらの関連記事は書紀編年から120年戻せば、全てが仁徳天皇の治世下に入っている。

好太王碑の倭国に関する最初の記事は「百済と新羅とは、元来(高句麗の)属民であって、もとより朝貢していた。ところが、倭は辛卯の年(391年)よりこのかた、海を渡って来て百済を破り、東方では新羅を□し、臣民にした。」とある。□は「攻」「撃」「侵」の文字ではないかと考えられている。「以辛卯年来」については、従来「辛卯の年に来た」と解釈されていたが、「辛卯の年よりこのかた」との解釈が西嶋定生氏によりとなえられた。私も西嶋氏の説に賛同する。「以来」も「年来」も「よりこのかた」である。
倭と百済・新羅の関係を『日本書紀』に求めた。( )は「縮900年表」による年号 、[ ]は『日本書紀』による年号。

391年(仁徳11年)[仁徳11年]
 新羅人の朝貢があった。そこで茨田の堤の役に使われた。
392年(仁徳12年)[応神3年]
 百済の辰斯王が倭国の天皇に対して礼を失することが多く、紀角宿禰等4名派遣。
 百済国は陳謝し、
辰斯王を殺し阿花王を立てる。
397年(仁徳17年)[応神8年]
 阿花王が立って倭国に無礼をした。それで枕彌多礼、峴南、支侵、谷那・東韓の地を奪われた。
 そのため王子・直支を天朝に遣わして先王の好を修好した。
397年(仁徳17年)[仁徳17年]
 新羅が朝貢しなかった。砥田宿禰と賢遣臣を新羅に派遣し詰問。
 新羅人は恐れ入って貢ぎ物を届けた。貢物は80艘あった。
405年(仁徳25年)[応神16年]
 百済の阿花王が薨じた。
 天皇は直支王子に「国に帰り位につきなさい」と言われ、東韓の地を賜り帰国された。


好太王碑にある「辛卯の年(391年)以来、倭が百済・新羅を臣民とした」状況は『日本書紀』によく表れている。そして、好太王は倭国(仁徳天皇)と一戦を交えることになったのである。

399年「好太王碑」
 百済は誓いを破って倭と和通したので、(高句麗)王は平壌に出向いた。
 新羅の使いが、倭が新羅の国境に満ちていると救援を請願した。
400年「好太王碑」
 新羅救援のため5万の歩騎を派遣した。新羅城には倭軍が満ちていた。
 官軍が到着すると倭軍は退却した。これを追撃して任那・加羅に至る。
404年「好太王碑」
 倭が帯方に侵入してきたので、王は平壌に討って出て大敗させた。

『宋書』
倭国伝では、讃(仁徳天皇)が亡くなり438年に朝献した珍(反正天皇)は、「使持節・都督・倭・百済・新羅・任那・秦韓・慕韓六国の諸軍事安東大将軍倭国王」の称号を求め、宋からは「安東大将軍倭国王」のみの称号を与えられている。反正天皇が朝鮮半島の五国に軍事的支配権を求めていることは、仁徳天皇(在位381~431年)の時代に、朝鮮半島に進出・侵出した実態があったからであろう。仁徳天皇は朝鮮半島において、好太王と覇権を争っていた。


51-8.仁徳天皇が統一国家を造り上げた [51.統一国家(大和王権)はいつ誕生したか]

仁徳陵古墳は宮内庁の管理下にあり、考古学的資料は少ないが、1872年(明治5年)に、風雨によって前方部前面の斜面が崩壊し、石室と石棺が発見され調査が行われている。石棺は開封されなかったが、その時描かれた絵図の一部が現存している。それによると、石棺は長持形石棺であり、横矧板鋲留短甲・小札鋲留眉庇付冑が副葬されていたことが分る。江戸時代には後円部が露呈しており、長持形石棺があったようである。

仁徳陵古墳.png

墳丘・周豪から出土したものには、円筒埴輪Ⅳ式・馬形埴輪があり、長持形石棺・円筒埴輪Ⅳ式・馬形埴輪・横矧板鋲留短甲の要素から導き出される。仁徳陵古墳の年代は、400年~469年の古墳中期としか言えない。1998年(平成10年)に宮内庁は、仁徳陵古墳の東側造出しから須恵器を採取した。復元された須恵器の大甕はON46型式であることが判明した。私が作成した須恵器の編年表からすると、仁徳陵古墳の古墳築造年代は、ON46型式である440年~459年になる。「縮900年表」によると、仁徳天皇の崩御は431年であり、古墳築造年代と齟齬はない。

『宋書』倭国伝には、倭王武が478年に順帝に差出した上表文が掲載されている。その始めの部分に「昔より祖禰みずから甲冑をつらぬき、山川を跋渉し、寧処にいとまあらず。東は毛人を征すること五十五国、西は衆夷を服すること六十六国、渡りて海北を平ぐること九十五国。」とある。「祖禰」は先祖と訳されている方が多いが、漢和辞典で引くと「禰」は、「霊廟に祀った父の称」とあり、「禰祖」は「死んだ父と祖父」とある。倭王武(雄略天皇)の父(禰)は斉(允恭天皇)であり、祖父(祖)は讃(仁徳天皇)である。

連合国の盟主国であったヤマト王権が、君主(天皇)を頂点とする統一国家になるためには、その昔卑弥呼・壱与を共立した国々であった西の連合国を服従させ、東の連合国以外の国々を征伐し、統一国家(倭国)として海を渡り朝鮮半島を平定した。武の上表文には誇張があるが、統一国家の大和王権が成立していく過程を物語っている。高句麗の広開土王(在位391年~412年)の業績を称えた好太王碑には、391年に倭が海を渡って百済・新羅を臣民としたとある。「縮900年表」では、仁徳天皇の在位は381年から431年であり、統一国家・大和王権が仁徳天皇によって造られたことが分る。

ヤマト王権の権力が地方に広まっていった象徴は、大和で発生した前方後円墳が地方に広がって行ったことであろう。東北北部・沖縄を除く全国に前方後円墳が築造された時が、倭国が統一国家となり、天皇を君主に抱く大和王権が誕生した時とであると考える。前方後円墳の築造年代が分かれば、統一国家が誕生した時期が分かる。私は精度の高い古墳築造年代を特定するために、70項目・101品目の相互関係を調べ、その編年表を作成した。そして、1115基の前方後円
()墳を調査した。前方後円()墳は全国に5千基あると言われており、その2割を調査したことになる。その内、±15年以内の精度で282基の前方後円()墳の築造年代を導き出した。そのリストを年代決定要素と共に巻末に示す。

Z-57.統一国家、前方後円墳の分布.png『宋書』倭国伝には、430年に讃が朝貢し、438年に讃死し珍立つとある。讃は仁徳天皇と比定した。「縮900年表」では仁徳天皇の崩御は431年である。編年表から導き出した古墳の築造年代が430年以前(築造年代○○年~△△年の△△年が430年以前)の前方後円()墳は349基ある。この分布を図Z57に示した。図を見ると、近畿・東海・中部・関東に多く分布している割に、岡山県・福岡県を除く中国・九州の分布が少ないことが見てとれる。ヤマト王権が近畿・東海・中部・関東の連合国以外の国々を支配下に置き、その実力を見せつけられた岡山以西の中国・九州の連合国の国々が、渋々ヤマト王権の配下に服し、統一国家の大和王権が出来上がった様子が伺われる。岡山(吉備)はヤマト王権の屋台骨として、福岡(筑紫)は朝鮮半島への侵出の拠点として、大和王権の誕生に積極的に加担したと考える。前方後円()墳の全国への普及から見て、仁徳天皇が天皇を頂点とする統一国家を造り上げたことが分る。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 
古墳年代0.png

古墳年代1.png古墳年代2.png

古墳年代3.png古墳年代5.png
古墳年代4.png
古墳年代6.png
古墳年代7.png

古墳年代8.png

52-1.雄略天皇は暴君に仕立てられた [52.雄略天皇から継体天皇までの編年を解く]

Z33 日本書紀の編年と構成.png

言語学者(日本語・中国語)の森博達氏は、『日本書紀』の言葉と表
記(音韻・語彙・語法)を分析し、全30巻をα群・β群・巻30に
三分した。神武紀から安康紀はβ群に属し、雄略紀から崇峻紀はα群
に属している。天文学者の小川清彦氏は、『日本書紀』に記載された
暦日は、神武紀から安康紀までが新しい「儀鳳歴」で書かれ、雄略紀
から持統紀までが古い「元嘉歴」で書かれているとしている。私が調
べた歴史を古く見せるための延長期間、記事と記事の間が4年以上あ
る「空白年数」で見ても、表Z33に見られるように、神武紀から安
康紀の合計は893年、雄略紀から崇峻紀は7年となっており、明ら
かな有意差がある。言語学、天文学、「記事と記事の空白の期間」の
何れも、雄略天皇を境として『日本書紀』の表記が異なっている。


記事と記事の空白の期間でもって編年を延長し、歴史を古く見せようとするならば、延長された900年の全てを神武紀から安康紀に取り込めばよいことで、なぜ、雄略紀から崇峻紀の間に7年延長してあるのか疑問が残る。雄略紀から崇峻紀に歴史を古く見せる7年の延長がなされた証拠は、雄略紀・継体紀に記述された百済の武寧王の誕生・薨去の記事にある。継体17年[523年]夏5月に「百済の武寧王が薨じた」との記事がある。1145年に編纂された朝鮮の正史『三国史記』には、百済の武寧王は523年夏5月に薨去したとある。(以後、『日本書紀』通りの編年は[ ]で囲んでいる。)

Z-58.武寧王陵.png1971年に、韓国公州の宋山里古墳群において武寧王の墓が発見された。墓誌には「寧東大将軍百済斯麻王、年六十二歳、 癸卯年(523年)五月丙戌朔七日壬辰崩到」とある。武寧王の諱(いみな)は「斯摩(しま)」である。武寧王が523年5月になくなったことは、『日本書紀』・『三国史記』・「墓碑」の3者が一致している。また、『日本書紀』の雄略5年[461年]に、武寧王が筑紫の加羅島で誕生し「嶋(しま)君」と呼ばれたとある。武寧王の墓碑からは、523年に62歳で亡くなっていることから誕生は461年となり両者は一致している。

武寧王の誕生・薨去から見ると、『日本書紀』の雄略紀の編年は正確であるように見受けられる。しかし、雄略天皇の即位の年は『日本書紀』では[457年]となっている。一方、『宋書』倭国伝では462年に「済死す、世子興、使いを遣わして貢献す。」、そして478年に「興死して弟武立つ」とあり、「済」は允恭天皇・「興」は安康天皇・雄略天皇は「武」とされており、雄略天皇の即位は少なくとも462年以降となり、『日本書紀』と『宋書』倭国伝は矛盾している。『日本書紀』によれば、安康天皇の在位は3年間であり、『宋書』倭国伝から算出する雄略天皇の即位は、462年から465年の間ということになる。雄略天皇の即位は[457年]とする書紀編年は、5年~8年間歴史が延長されていると言える。「縮900年表」では歴史が延長されたのは7年間で、雄略天皇の即位は464年としていおり、『宋書』倭国伝から算出する雄略天皇の即位年と一致している。

『日本書紀』雄略2年[458年]、「天皇に仕えるため百済から来ていた池津姫が石川楯と通じたため、天皇の命により二人とも焼き殺された。――百済新撰には、蓋鹵王が即位した年に天皇の使いが来て美女を求めた。百済は慕尼夫人の娘を飾らせて、天皇に奉った。」とある。また、雄略5年[461年]にも「4月、百済の加須利君(蓋鹵王)は池津姫が焼き殺された話を人伝に聞いて・・・弟の軍君に『お前は日本に行って天皇に仕えよ』と告げ、・・・孕んだ女を軍君に与え・・・6月、身ごもった女は筑紫の加羅島で出産した。・・・これが武寧王である。」とある。

武寧王の誕生の年は、『日本書紀』と武寧王の墓碑が一致しており、その年は『日本書紀』編年の通りの461年であった。そうすると、蓋鹵王が「池津姫が焼き殺されたという話を人伝に聞いた」というのは461年以前となる。『三国史記』では蓋鹵王の即位は455年であり、「美女を求めた」のが455年で、雄略2年の「天皇に仕えるため百済から来ていた池津姫が石川楯と通じたため、天皇の命により二人とも焼き殺された。」という記事は、『日本書紀』編年の通りの458年のこととなる。

雄略天皇の即位は464年であり、美女を求めた455年、池津姫が焼き殺された458年は、雄略天皇の治世下でないことがわかる。安康天皇の在位は3年であることからすると、允恭天皇(442~460年)の治世下である。雄略天皇にすれば濡れ衣である。雄略天皇は兄の安康天皇が暗殺されたこともあって、皇位に就くまでの間に、兄弟や縁者を数人殺している。雄略2年の記事には「天皇は自分だけで専決され、誤って人を殺されることも多く、天下の人々は『大変悪い天皇である』と誹謗した」とある。そんなこともあり、池津姫が焼き殺された事件は、雄略天皇の仕業であると、物語化され編年が組み立てたられ、雄略天皇は暴君に仕立てられたのであろう。雄略4年の記事には、雄略天皇が葛城に狩りに行ったとき、一言主神に出会い、一緒に狩りを楽しまれ、世の人々は「天皇は徳のある方である」と評したとある。雄略天皇は暴君であったのであろうか、それとも賢君だったのであろうか。


52-2.「ワカタケル大王・辛亥の年」は雄略天皇 [52.雄略天皇から継体天皇までの編年を解く]

雄略天皇の和名は『古事記』が「大長谷若建命」、『日本書紀』が「大泊瀬幼武尊」で、「おおはつせわかたけるのみこと」である。熊本県玉名郡の江田船山古墳から出土した鉄剣の銀象嵌、埼玉県行田市の稲荷山古墳から出土した鉄剣の金象嵌には「獲加多支鹵大王」の銘があり、「ワカタケル大王」と読めることから、雄略天皇を指していると考えられている。雄略天皇の陵の古墳年代が不明であっても、江田船山古墳・稲荷山古墳の年代が分れば、雄略天皇の活躍していた時代が考古学的に分かる。「縮900年表」によると雄略天皇の治世は、464年から486年である。

Z59.江田船山古墳.png熊本県玉名郡の江田船山古墳は編年の要素としての、造出し・横口家形石棺・円筒埴輪Ⅴ式・馬形埴輪・横矧板革綴短甲・横矧板鋲留短甲・馬具・須恵器が出土している。江田船山古墳の築造年代は、消滅する要素としての「横矧板革綴短甲」「横矧板鋲留短甲」と、新たに登場する要素の「円筒埴輪Ⅴ式」の出会いから、460~469年と定めることが出来る。横口家形石棺から出土した須恵器の型式は議論が定まらないが、周濠からはTK23とTK47の両者(470~489年)が出土しており、古墳築造直後のもとと思われる。江田船山古墳は略天皇の治世(464~486年)の初め頃に築造されたと考えられる。

Z-60.埼玉稲荷山古墳.png埼玉県行田市にある稲荷山古墳の墳頂には、粘土槨と礫槨の埋葬施設があり、粘土槨は盗掘を受けていたが、礫槨から金象嵌鉄剣や挂甲・馬具が出土している。墳丘にある円筒埴輪Ⅴ式で人物埴輪も出土しており、造出しから出土した須恵器はTK23・TK47と判定されている。稲荷山古墳の粘土槨は後円部中央の前方部よりに横たわってあり、礫槨は後円部中央から外れた位置に、粘土槨と直角に設置されている。粘土槨が第一主体で、礫槨が粘土槨より後に造られた第二主体と考えられる。稲荷山古墳の築造年代は、造出しから出土した須恵器はTK23とTK47の共存から470~489年と定めることが出来る。

Z-61.稲荷山鉄剣.png稲荷山古墳の礫槨から出土した金象嵌鉄剣には「辛亥の年7月中に記す、ヲワケの臣、上祖名はオホヒコ、其の児・・(5代の名)・・其の児名はカサハヨ、其の児名はヲワケの臣、世々、杖刀人の首と為り、奉事し来り今に至る、ワカタキロ大王の時()、シキの宮に在る時、吾天下を佐()治し、この百錬鉄の利刀を作らしめ、吾が奉事の根源を記すなり」とある。辛亥の年は471年と考えられている。稲荷山古墳は粘土槨に葬られた「カサハヨ」のために造られた古墳で、礫槨に葬られたのが金象嵌鉄剣を作った息子の「ヲワケ」と考えることが出来る。稲荷山古墳が470~489年に造られ、金象嵌鉄剣が471年に作られたとしても何の齟齬もない。「ワカタケル大王」と読める銘のある象嵌鉄剣が出土した江田船山古墳・稲荷山古墳の築造年代は、雄略天皇の治世(464~486年)の間であり、考古学から見ても「縮900年表」は、信頼に値するものである。