So-net無料ブログ作成

59-12.聖徳太子は道後温泉に浸かったか! [59.聖徳太子は実在し伝承されていた]

『伊豫国風土記』には、上宮聖徳皇が高麗の僧恵慈と共に伊豫の湯に行幸し、湯の岡(伊社邇波の岡)の側に碑文を立てたとある。その碑文の一首は、梅原猛氏の著『聖徳太子』(集英社)に「思うに、日月は上にあって、すべてのものを平等に照らして私事をしない。神の温泉は下から出でて、誰にも公平に恩恵を与える。全ての政事は、このように自然に適応して行われ、すべての人民は、その自然に従って。ひそかに動いているのである。かの太陽が、すべてのものを平等に照らして、偏ったところがないのは、天寿国が蓮の台に従って、開いたり閉じたりするようなものである。神の温泉に湯浴みして、病をいやすのは、ちょうど極楽浄土の蓮の花の池に落ちて、弱い人間を仏に化するようなものである。険しくそそりたった山岳を望み見て、振り返って自分もまた、五山に登って姿をくらましたかの張子平のように、登っていきたいと思う。椿の木はおおいかさなって、丸い大空のような形をしている。ちょうど『法華経』にある5百の羅漢が、5百の衣傘をさしているように思われる。朝に、鳥がしきりに戯れ鳴いているが、その声は、ただ耳にかまびすしく、一つ一つの声を聞き分けることはできない。赤い椿の花は、葉をまいて太陽の光に美しく照り映え、玉のような椿の実は、花びらをおおって、温泉の中にたれさがっている。この椿の下を通って、ゆったりと遊びたい。どうして天の川の天の庭の心を知ることができようか。私の詩才はとぼしくて、魏の曹植のように、7歩歩く間に詩をつくることができないのを恥としている。後に出た学識人よ、どうかあざわらわないでほしい」と訳されている。


Z147.道後温泉本館.png碑文を立てた湯の岡(伊社邇波の岡)は、
道後温泉本館に隣接する湯築城跡(元の伊佐爾波神社)とされている。道後温泉本館の湯釜には山部赤人が伊予の温泉に至り詠んだ長歌(万葉集:巻3の323)「神である天皇がお治めになっている国のいたるところに、温泉は多くあるけれども、その中でも島と山の立派な国である。険しくそそり立つ伊予の高嶺の、射狭庭の岡にお立ちになって、歌の想いを練り、詞の想いを練られた。出で湯の上の林を見ると、臣(もみ)木絶えることなく生い茂り、鳴く鳥の声も昔と変わらない。遠い末の世まで、ますます神々しくなってゆくだろう、この行幸のあった場所は。」が彫られている。山部赤人は「ももしきの大宮人の熟田津に船乗りしけむ年のしらなく」と短歌も歌っている。

山部赤人の長歌・短歌には、『伊豫国風土記』に記載されている、聖徳太子が伊社邇波(射狭庭)の岡に碑文を立てた話、舒明天皇が木に稲穂を掛けて鳥に与えた話、斉明天皇が再び伊豫の湯を訪れた話が含まれている。また『書紀』には、斉明7年(661年)に斉明天皇が百済からの援軍要請に応えて九州に向かう途中に、伊豫の熟田津の石湯行宮に泊ったとある。このとき作られた歌、「熟田津に、船乗りせむと、月待てば、潮もかなひぬ、今は漕ぎ出でな」(万葉集:巻1の0008)は、額田王の作とされているが、山部赤人は斉明天皇の作と考えているようだ。山部赤人は、険しくそそり立つ伊予の高嶺の、射狭庭の岡にお立ちになって、歌の想いを練ったのが斉明天皇であり、詞の想いを練ったのが聖徳太子であると、長歌に歌い込んだのであろう。

射狭庭(伊社邇波)の岡から見える「険しくそそり立つ伊予の高嶺」は、四国の最高峰・石鎚山(1982m)とされている。聖徳太子と斉明天皇、そして山部赤人が見たであろう石鎚山は、道後温泉本館に隣接する湯築城跡(元の伊佐爾波神社)からは見えないのである。「険しくそそり立つ伊予の高嶺」が石鎚山かどうかの喧々諤々の論争がある。

Z148.石鎚山.jpg『釈日本記』にある『伊豫国風土記』逸文に「伊豫の郡。郡家より東北のかたに天山あり、天山と名づくる由は、倭に天加具山あり。天より天降りし時、二つに分かれて、片端は倭の国に天降り、片端はこの土に天降りき。因りて天山と謂う。」とある。この天山(標高51m)からは石鎚山の山頂が見える。特に冬の晴れた日、冠雪の石鎚山は近くに感じる。天山こそ「湯の岡」・「伊社邇波(射狭庭)の岡」であると考える。

山の南東1.7kmには、飛鳥~奈良時代の役所跡である「久米郡衛(かんが)遺跡」がある。遺跡が飛鳥時代に遡るとされたのは「久米評」銘の須恵器が出土したからだ。藤原宮から発掘された木簡によって、大宝律令制定(701年)以前は「評」と表現される地方行政組織があったことが明らかになっている。また遺跡からは7世紀中葉に比定される単弁十葉蓮華文軒丸瓦が出土しており、斉明天皇の石湯行宮は「久米郡衛遺跡」と考えられるようになった。

天山の南東1.5kmに椿神社がある。正式には伊豫豆比古命神社で、延喜式神名帳にも記載されている。「伊豫豆比古命・伊豫豆比売命の二柱の神様が境内にある舟山に御舟を寄せた。」との伝承があるように、往古神社周辺は一面の海原であり、「津の脇(つわき)神社」が時間の経過と共に「つばき神社」と訛ったとの学説の一方、境内一帯に藪椿が自生していることから「椿神社」と呼ばれるようになったとの民間伝承がある。椿神社の近辺の海が熟田津であった。

Z149。石鎚山.png

斉明天皇の伊豫の熟田津の石湯行宮が久米郡衛遺跡とするならば、その近くにある鷹の子温泉あたりに「熟田津の石湯」があったと考えられ、聖徳太子の湯岡の碑文に記された、椿の茂った「伊豫の湯」であるといえる。『書紀』によると、天武13年(684年)に大地震があり、「伊豫の温泉、没して出でず」とある。この白鳳地震で湯脈が変わり、その後、現在の道後の地から新たに温泉が湧き出したのではないだろうか。なお、現在の鷹の子温泉はボーリングより湧出している温泉である。聖徳太子や斉明天皇が浸かった「伊豫の湯」は鷹の子温泉あたりで、山部赤人が浸かった「伊豫の湯」は道後温泉であったと考える。

山部赤人の先祖は伊豫来目(久米)部小楯といい、清寧2年(488年)播磨の国の巡察使の時に、明石で世をのがれていた皇子兄弟(後の顕宗・仁賢天皇)を見つけ出した。小楯はその功績によって山部連に任ぜられている。伊豫来目(久米)部小楯の墓の伝承がある播磨塚古墳が、天山から石鎚山を見る方向にある。山部赤人は射狭庭の岡に登り、伊豫の高嶺を見ながら、先祖への想いを巡らし、先祖の地を「遠い末の世まで神々しくなる場所」と詠ったのであろう。




nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0