So-net無料ブログ作成
検索選択

59-6.推古朝に「天皇」号が使われていた [59.聖徳太子は実在し伝承されていた]

法隆寺金堂の内陣には「中の間」に釈迦三尊像、「東の間」に薬師如来像、「西の間」に阿弥陀三尊像が安置されている。法隆寺は現存する世界最古の木造建築であるが、現在の伽藍は天智天皇9年(670年)に焼失した後に再建されたものであるということが、旧伽藍(若草伽藍)の発掘調査以降定説になっている。創建(601年頃)当初の法隆寺に、釈迦三尊像があったとすれば、釈迦三尊像は法隆寺が全焼(670年)した際に、運び出されたと言う事になる。

 

Z144.釈迦三尊像.png国宝の釈迦三尊像は、木造二重の箱形台座の上に、中尊の釈迦如来坐像(釈迦像)と両脇侍菩薩立像が安置されている。釈迦三尊像の台座は幅202センチ、奥行き172センチで、台座の最下部から光背の最上部までの高さは382センチあり、総重量が400㎏を越えている。釈迦像と台座は一体になっており、火災の際に運び出したとは考えられない。釈迦三尊像は膳夫人の出身氏族である膳氏によって造られ、元来は膳氏ゆかりの法輪寺に安置されていたと推定されている。法隆寺が再建された際に、法輪寺から釈迦三尊像が献納されたのであろう。

 

Z145.釈迦三尊像光背銘.png迦像と一体となっている台座の補足材に「辛巳の年八月九月作□□
□□」等の墨書があることが、平成2、3年の解体修理で見つかっている。墨書が書かれた扉板は縦に切られ、補足材として台座の別々の場所に使われていることから、墨書銘は台座が組まれる前に書かれたことが確実であるとされている。釈迦像の光背銘には、「三主(聖徳太子・膳夫人・間人皇女)の浄土往生を願って、癸未の年(推古31年:623年)に仏師の司馬鞍首止利が造った。」とあり、台座の補足材の墨書にある「辛巳の年」は、釈迦像が造られた癸未の年の2年前の辛巳の年(推古29年、621年)のものであると推察されている。釈迦像台座の補足材にある墨書により、釈迦像の金石文は仏師の司馬鞍首止利により釈迦像が造られた癸未の年(推古31年:623年)に成立したものであることが明白となった。

 

大山氏は『聖徳太子の真実』のなかで、「法隆寺釈迦三尊像台座の墨書銘」というコラムを書き、「釈迦像銘には、周知のように、戦前の福山敏男氏の研究依頼、多くの疑問が指摘されている。「法興元」という年号はなく、後世につくったもの。「法皇」は、法王と天皇号とを組み合わせた日本独自の語で、やはり後世のもの。・・・釈迦像銘の623年などという理解は、ほとんど否定されているのである。・・・この墨書銘が推古朝でなく、7世紀末以降のものであることは確実で、法隆寺の再建を考慮すれば、辛巳の年は681年(天武10年)とするのが妥当であろう。」と記している。

 

大山氏は、釈迦三尊像の台座にある墨書銘の「辛巳の年」が、天武朝であるとする具体的な根拠を示すことなく、天皇号は天武朝に作られたという、多くの研究者によって作り上げられた固定概念でもって、墨書銘が書かれた年を天武朝だと決め付けている。私には、釈迦像と一体となっている台座の補足材にある墨書銘の「辛巳の年」は、釈迦像光背銘にある「癸未の年」の2年前であり、釈迦像の金石文は仏師の司馬鞍首止利により釈迦像が造られた癸未の年(推古31年:623年)に成立したものであると考えるほうが事実に即しているように思える。

 

釈迦像と一体となっている台座の補足材に書かれた「辛巳の年」の墨書により、釈迦像光背銘は推古朝に成立していて、光背銘にある「法興」の年号と「法皇」の語句は、推古朝に存在していたと判断できる。「法皇」は、福山敏男氏の指摘するように法王と天皇号とを組み合わせであると考えると、「法皇」が推古朝に存在するということは、「法王」と「天皇」号が推古朝に存在したことになる。船氏王後墓誌銘と野中寺の弥勒菩薩像台座銘は、天智朝に「天皇」号が使われたことを示していたが、法隆寺の釈迦像光背銘は、それをさらに遡らせ、推古朝に「天皇」号が使われたこと証明している。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL: