So-net無料ブログ作成

59-4.天智朝には「天皇」号が存在していた [59.聖徳太子は実在し伝承されていた]

Z140.天皇木簡.png1998年に奈良国立文化財研究所が、飛鳥池遺跡から出土した木簡の中に、「天皇」の語が墨書きされたものがあると発表した。この木簡は飛鳥池遺跡の北地区の、持統朝を下限とした溝のさらに下層から出土しており、この遺構から伴出した木簡の「サト」表記は、すべて「五十戸」であった。飛鳥から出土した多量の荷札木簡から、「サト」が「五十戸」から「里」に切り替わったのは、681年から683年頃であることが分っている。これらより「天皇」の語が墨書きされた木簡は、683年(天武12年)以前に書かれたものであることがわかる。「天皇」木簡が出土した同じ遺構から「庚午」天智9年(670年)、「丙子」天武5年(676年)、「丁丑」天武6年(677年)の紀年木簡が伴出しており、「天皇」号の表記が683年(天武12年)以前から使用されていたことは確かである。しかしながら「天皇」木簡の年代からは、「唐の高宗の上元元年(674年)に、君主の称号が『皇帝』から『天皇』に代ったが、その情報が天武朝(672~686年)に倭国に伝わった。」とする、従来の定説を覆すことは出来ない。

 

墓誌Z141.船氏王後.png三井記念美術館所蔵の国宝「船氏王後墓誌」は、江戸時代に大阪府柏原市国分の松岡山から出土したと伝えられ,その後長く西琳寺に蔵されてきた。墓誌の正確な出土地点や,埋納状況については全く不明である。墓誌は29x7x0.2センチの銅板で、表に4行86字、裏に4行76字が刻まれている。銘文の概要は「船氏の故、王後首は敏達天皇の世に生まれ、推古天皇の朝廷で仕え、舒明天皇の代に至った。大仁の官位を賜った。舒明天皇の末年、辛丑(641年)12月3日に死亡した。そこで戊辰年(668年)12月、松岳山の上に葬った。」である。銘文にある「船氏」について『書紀』は、欽明14年(533年)に「蘇我稲目の下で王辰爾が船の賦を数え録し,その功で船長となり船氏の氏姓を与えられた。」と、敏達元年(572年)に「高麗の国書を誰も読みとれなかったが、船史の祖王辰爾のみ解読し、天皇が王辰爾を大いに賞讃した。」と、皇極天皇4年(645年)に「蘇我蝦夷が殺されたとき、船史恵尺が焼かれようとした国記をとり出して、中大兄皇子に奉献した。」と記載している。

 

戊辰の年(天智7年:668年)に成立した「船氏王後墓誌」には、乎娑陀宮天下治天皇(敏達天皇)、等由羅宮天下治天皇(推古天皇)阿須迦宮天下治天皇(舒明天皇)の銘が刻字され、天智7年(668年)に「天皇」号が使われていたという史実を伝えている。ただ、「船氏王後墓誌」の出土状況が明確でなく、天智朝に「天皇」号が使われていたという証拠になり得ていない。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0