So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

61-1.都塚古墳は蘇我稲目の墓 [61.後期古墳・終末期古墳の被葬者を比定する]

Z170.都塚古墳のイメージ.png平成26年8月明日香村教育委員会と関西大学が、明日香村阪田にある都塚古墳は一辺が約40mの方墳で、国内に例がない階段ピラミッド状の形をしていると発表して、考古学者や考古学フアンを驚かせた。階段ピラミッド状の形をしているとしたのは、墳頂部に近い東斜面から石積みの階段が4段見つかったからだ。1段の高さは30~60cmで、段の部分には拳大から人頭大の石を垂直に積み上げている。その後の発掘調査で、墳丘の南東コーナー部分からも階段状遺構が3段分確認され、古墳は高さ7m、5段以上の階段ピラミッド状の方墳であることが確認された。発掘を担当した関西大の米田文孝教授は「階段状構造については疑問を持つ考えもあったが、少なくとも墳丘上部は階段状をしていたことが裏付けられた。高句麗の積石塚などの影響を受けた可能性もある。」としている。

 

都塚古墳の埋葬施設は全長12mの両袖式横穴式石室で、長さ2.2mの刳り抜き式家形石棺が収められている。石棺の蓋は6個の縄掛式突起を持ち、その形状から古墳の築造年代は6世紀後半から6世紀末と比定されていた。蘇我馬子とされる石舞台古墳に近いこと、両者とも周濠をもつ方墳であることから、欽明31年(570年)に亡くなった蘇我稲目の墓でないかと考えられている。

 

階段ピラミッド形の都塚古墳のルーツは、高句麗の王陵・将軍塚に代表される方壇階梯積石塚(方形階段式積石塚)に求められている。方形階段式積石塚は高句麗の都が鴨緑江流域の集安(中国吉林省)にあった国内城(342年~426年)の時代に盛んに造られ、都が大同江流域の平壌に遷都した427年以降は造られていない。ソウル市石村洞の石村洞古墳群にも数基の方形階段式積石塚がある。これは百済の都が漢江流域にあった漢城(~475年)の時代、3世紀末から4世紀に造られたと見られている。

 

Z171-Z173.集安積石塚と将軍塚.png

蘇我稲目の墓が、高句麗の方形階段式積石塚の影響を受けて、階段状ピラミッド形に築造されたとなると、蘇我稲目あるいは息子の蘇我馬子が高句麗あるいは百済の方形階段式積石塚の知識があったことになる。その可能性はあるのだろうか。『書紀』欽明23年(562年)の記事に、「大伴連狭手彦が数万の兵を率いて、百済の計略を用いて高麗(高句麗)を撃破した。狭手彦は勝ちに乗じて宮殿に入って珍宝・財貨などを奪い帰還し、七織帳を天皇に献上し、甲・金飾刀・銅鏤鐘・五色幡と美女媛・従女吾太子を蘇我稲目大臣に送った。大臣は二人の女を召入れて妻とし、軽の曲殿に住まわせた。」とある。

 

『書紀』の編纂者は、この記事が史実かどうかを見極める史料が無かったのであろう、文注には「一本(或る本)云う、欽明11年(550年)に大伴連狭手彦が、百済国とともに高句麗王陽香(陽原王)を比津留都(未詳)に追い退けた。」とある。『三国史記』百済本紀、聖王28年(550年)には、「聖王は将軍の達己に一万の兵を率い、高句麗の道薩城(忠清北道槐山郡槐山面)を攻め落とさせた。」とある。欽明11年に大伴連狭手彦が、百済国とともに高句麗を退けたことは史実であろうが、欽明23年の記事とは別のことであると考える。

 

『書紀』欽明紀には「百済本記云」と、『百済本記』の引用記事が14ヶ所出てくる。その引用の最後は欽明17年(556年)正月で、百済の聖明王(聖王)が新羅に殺された2年後のことである。これ以降『書紀』は『百済本記』を引用していない。『百済本記』は聖明王の時代までが書かれてあったと思われる。欽明23年(562年)の大伴連狭手彦の活躍の記事は史実であったが、それを伝える歴史書がなかったと考える。大伴連狭手彦の攻め込んだ高句麗の宮殿は、都のあった平壌ではなく、475年以降高句麗が支配していた百済の旧都・漢城にあったと思われる。大伴連狭手彦あるいは蘇我稲目の妻となった美女媛は、ソウル市石村洞の石村洞古墳群にある数基の方形階段式積石塚を見ていて、蘇我稲目にその話をしたのかも知れない。

 

欽明26年(565年)の記事に「高麗人・頭霧唎耶陛等が筑紫に来朝したので、山背国に住まわせた。今の畝原・奈羅・山村の高麗人の先祖である。」とある。山背国の奈羅については、平安時代の『和名抄』に「山城国久世郡奈羅郷」が見え、現在の京都府八幡市上奈良・下奈良の地であるとされている。八幡市奈良から北東6kmの宇治市菟道にある隼上り瓦窯跡からは、飛鳥寺(法興寺)の後に創建された豊浦寺に使われていた高句麗系軒丸瓦が出土している。また、『新撰姓氏録』には、「長背連、高麗の国主鄒牟[一名、朱蒙](高句麗始祖)より出るなり、天国排開広庭天皇[諡、欽明]の御世、衆を率いて投下す。」とある。欽明26年の記事は史実であると考えられる。蘇我稲目は頭霧唎耶陛から、高句麗の広開土王(好太王)の墓・将軍塚は、方形階段式積石塚であると聞いたのかも知れない。

 

蘇我稲目が薨去した欽明31年に高麗の使いの船が越の浜に漂着した。高麗の使いは近江に着いたあと飾り舟に迎えられ、山背の相楽館(京都府相楽郡)で饗応を受けた。欽明32年に欽明天皇が崩御され、翌年に敏達天皇が即位し、蘇我馬子が大臣となった。高麗の使者は敏達天皇に上表文を奉り、7月に帰国の途についている。蘇我馬子は父・稲目が亡くなった前後に高麗人と接しており、稲目が望んだ方形階段式積石塚が、高句麗では王や高位のものの墓であったことを知ったのであろう。馬子は都塚古墳を、邸宅の方形池の石組みを行った倭漢(東漢)氏の配下の渡来人に造らせたと考える。蘇我稲目の都塚古墳が造営されて以降、蘇我氏との関わりある天皇や氏族、そして崇仏派の豪族が大型方墳を造営するようになったと思われる。


60-8.岩尾山式石室と横口式石槨の年代 [60.古墳時代の終焉]

前方後円墳終焉とともに古墳時代が終わり、飛鳥時代に入っても円墳・方墳を中心とした古墳が作られ終末期古墳と呼ばれている。終末期古墳の横穴式石室の構造においては、精微に加工された花崗岩の切石で造られた横穴式石室が登場する。この代表的な古墳が奈良県明日香村大字越にある岩屋山古墳(方墳)と大阪府太子町にある聖徳太子墓とされている叡福寺北古墳(円墳)である。その他にムネサカ古墳(円墳:奈良県桜井市)、小谷古墳(墳形?:奈良県橿原市)、嶺塚古墳(円墳:奈良県天理市)が挙げられる。

 

Z167.岩尾山式石室.pngこのような石室構造を持つ横穴式石室を白石太一郎氏は「岩屋山式石室」と呼び、1967年発表の「岩屋山式の横穴石室について」では、その実年代を7世紀第二四半期と考えられていた。これは叡福寺北古墳が聖徳太子墓であり、聖徳太子の没年が621年頃であることが根拠となっている。しかし、白石氏の1982年発表の「畿内における古墳の終末」では、「岩屋山式の絶対年代は7世紀の中葉前後からそれ以降に下げざるをえないことになるのである。」としている。岩屋山式石室の年代が揺れ動いている。

 

終末期古墳の横穴式石室の形状においては、羨道幅と玄室幅が同じ無袖式が増加している。そして、玄室幅が羨道幅あるいは前室幅より小さい横口式石槨が奈良・大阪を中心として登場してくる。横口式石槨には石槨の小口部が開口する羨道の無いタイプのものもある。横口式石槨の構造には、①横穴式石室の延長で自然石を積み上げたもの、②家型石棺に横口を開けたものを石槨に転用したもの、③花崗岩・閃緑岩の切石で造ったもの、④凝灰岩・安山岩の切石で造ったもの、⑤石材磚を積み上げて造ったもの、⑥蓋石を刳り抜き底石に被せたもの、⑦石を刳り抜き石槨を造ったものなどがある。これらの横口石槨のなかで③④⑤⑥には漆喰が使われている。横口石槨の代表的な古墳を下記に列挙した。

   ①平尾山13-1号(大阪府柏原市)、雁多尾畑古墳(大阪府柏原市)、オウコ1号(大阪府羽曳野市)、
    獄山古墳(奈良県宇陀市)
 ②お亀石古墳(大阪府富田林市)、松井塚古墳(大阪府太子町)、徳楽山古墳(大阪府羽曳野市)、
    鉢伏山南峰古墳(大阪府羽曳野市)
  ③御嶺山古墳(大阪府太子町)、シシヨツカ古墳(大阪府河南町)、アカハゲ古墳(大阪府河南町)、
    ツカマリ古墳(大阪府河南町)
  ④観音塚古墳(大阪府羽曳野市)、平野塚穴山古墳(奈良県香芝市)、束明神古墳(奈良県高取町)、
    高松塚古墳(奈良県明日香村)、キトラ古墳(奈良県明日香村)
  ⑤花山西塚古墳(奈良県桜井市)、舞谷3号(奈良県桜井市)
  ⑥石宝殿古墳(大阪府寝屋川市)、御坊山3号墳(奈良県斑鳩町)、鬼の雪隠俎(奈良県明日香村)、
    越塚御門古墳(奈良県明日香村)
  ⑦牽牛子塚古墳(奈良県明日香村)、小口山古墳(大阪府羽曳野市)、益田岩船(奈良県橿原市)

 

葛城山西麓にある平石谷の下流より上流へかけて築造された平石古墳群にシシヨツカ古墳・アカハゲ古墳・ツカマリ古墳がある。三基とも大型方墳で埋葬施設は花崗岩の切石で造られた横口式石槨である。表Z169に墳丘・周濠・埋葬施設・副葬品を掲げた。いずれの古墳も天皇陵に匹敵する規模である。アカハゲ・ツカマリの両古墳が終末期古墳の様相を呈しているのに対して、シシヨツカ古墳は後期古墳と終末期古墳の両方の様相を呈し、後期古墳から終末期古墳への過渡期に築造された古墳と考えられている。古墳の築造順位はシシヨツカ古墳→アカハゲ古墳→ツカマリ古墳である。

 

Z168.Z169.平石古墳群.png

アカハゲ・ツカマリ古墳の出土した遺物は少ないが、シシヨツカ古墳は平成11年に発見されたこともあって盗掘されていたが豊富である。装身具ではガラス玉・金糸・垂飾部品・銀製帯金具・指環、武器では鉄刀・刀子・鉄鏃、大刀では象嵌の柄頭・鞘尻・装具など、武具では挂甲小札類、馬具では鞍金具・轡・鐙・杏葉・雲珠、容器では漆塗籠棺がある。大刀の柄頭・鞘尻・装具の文様は、銀象嵌の亀甲繋鳳凰文で古墳時代後期半ば(6世紀半ば)のものと、金象嵌の雲竜文で飛鳥時代のものがある。また、漆塗籠棺は明らかに飛鳥時代のものだ。シシヨツカ古墳が後期古墳と終末期古墳の両方の様相を呈している。

 

シシヨツカ古墳から出土した須恵器は、前室出土の須恵器四耳壷(陶邑Ⅱ/4)1点、羨道の須恵器甕(陶邑Ⅱ/4・5)とその1点に納められた高杯(陶邑Ⅱ/4)4点がある。これらの須恵器はその出土状態から、この古墳の葬送礼に伴って用いられた土器であると考えられている。これらより、シシヨツカ古墳の築造年代は陶邑Ⅱの4段階と5段階の境頃と考えられる。中村浩氏の須恵器の編年で、陶邑Ⅱ4段階はTK43、陶邑Ⅱの5段階はTK209に相当する。須恵器からみてTK43とTK209の境は、古墳時代(後期古墳)と飛鳥時代(終末期古墳)の境である。シシヨツカ古墳が後期古墳から終末期古墳への過渡期に築造された古墳と考えられているのはこのためであろう。私の須恵器の編年でいうと600年前後ということになる。

 

シシヨツカ古墳・アカハゲ古墳・ツカマリ古墳の3基の古墳から、漆塗籠棺片が出土している。これらの漆片の加速度質量分析法(AMS法)による放射性炭素年代測定が行われている。漆はAMS法による年代測定には良い試料とされている。

          暦年代範囲(確立68%) 暦年代範囲(確立95%)  

シシヨツカ古墳  618年~654年  595年~665年

アカハゲ古墳   640年~666年  610年~685年

ツカマリ古墳   599年~644年  555年~655年

3基の古墳の築造順位はシシヨツカ古墳→アカハゲ古墳→ツカマリ古墳である。3基の古墳の築造年代は測定された値の信頼性が95%の確立である歴年代範囲の中にあるとすると、シシヨツカ古墳の築造年代は600年、アカハゲ古墳は625年、ツカマリ古墳は650年と定めることが出来る。

 

シシヨツカ古墳・アカハゲ古墳・ツカマリ古墳の3基の古墳は花崗岩の切石を使い、漆喰を使って仕上げている。精微に加工された花崗岩の切石で造られた横穴式石室(岩屋山式石室)にも目地に漆喰が使われており、花崗岩・閃緑岩の切石で造られた横口式石槨と切石・漆喰の2点が共通している。古墳時代・飛鳥時代を通じて、漆喰が使われている古墳は40基程見つかっている。その古墳の墳形には前方後円墳は一基も無い。このことからして、花崗岩・閃緑岩の切石で造られた横穴式石室(岩屋山式石室)と横口式石槨の年代は、前方後円墳終焉後の600年以降、飛鳥時代のものであることは確かである。シシヨツカ古墳の築造年代が600年頃となると、岩尾山式横穴石室の実年代も7世紀第二四半期とか、7世紀の中葉前後からそれ以降とかではなく、7世紀第一四半期ということになるのではなかろうか。


60-7.前方後円墳終焉後の大型の方墳と円墳 [60.古墳時代の終焉]

畿内において、前方後円墳の築造が終焉を向かえ後に、大型の方墳と円墳が造営されている。大和朝廷の政権中枢の王墓でみると、587年に崩御した用明天皇の河内磯長原陵(春日向山古墳)は65mx60mの方墳、621年(622年?)に亡くなった聖徳太子墓(叡福寺北古墳)は直径54mの円墳、628年に亡くなった蘇我馬子の墓(石舞台古墳)は一辺50mの方墳、629年に崩御された推古天皇の磯長山田陵(山田高塚古墳)は59mx55mの方墳である。大型方墳は蘇我氏と関係があるのではないかと考えられている。

 

奈良県広陵町の牧野古墳も直径60mの大型円墳である。牧野古墳の墳丘には埴輪は立て並べていないが、玄室内や石室全面から形埴輪片や円筒埴輪片が出土している。前方後円墳の終焉と共に消滅した埴輪の名残であろう。出土した須恵器の型式はTK209であり、前方後円墳終焉直後、600年前後の古墳と言える。牧野古墳は蘇我氏と姻戚関係を持たない押坂彦人大兄(敏達天皇第一皇子、舒明天皇の父)の墓と考えられている。押坂彦人大兄は、『書紀』では用明2年(587年)に登場するが、それ以後は記載されていない。前方後円墳終焉後の大型円墳には天理市の塚穴山古墳(直径70m)、桜井市のムネサカ1号墳(直径60m)がある。塚穴山古墳は物部氏、ムネサカ1号墳は中臣氏と関係すると考えられている。

 

畿内において前方後円墳の築造が終焉を向かえ、大型の方墳や円墳が造営されている時期に、多くの寺院が造営されている。最初に建立されたのが飛鳥寺(法興寺)で、崇峻元年(588年)に造り始め、落成は推古4年(596年)である。『書紀』推古32年(624年)には、寺が46ヶ所あったと記載している。近つ飛鳥博物館の『考古学からみた推古朝』「東アジアからみた推古朝の寺院」によると、推古朝の寺院遺跡から出土する瓦の文様は素弁蓮華文であり、飛鳥寺式(588年~610年)・奥山廃寺式(620年~630年)・豊浦廃寺式(620年~630年)に分類されている。これらの文様の瓦が出土する寺院遺跡は、大和24・河内12・山背7・和泉4・摂津1・近江2・武蔵1の51ヶ所あるとある。『書紀』の記す、寺46ヶ所も史実であることが分る。

 

Z166.東国の方墳.png古墳後期後半の前方後円墳の数が最も多い千葉県(上総・下総)では、概ねTK209古(580年~600年)の時代に前方後円墳の築造が終焉を向かえている。上総の最後の前方後円墳は長須賀古墳群(木更津市)にある金鈴塚古墳(墳長90m)である。金鈴塚古墳の南200mにある松面古墳は一辺44mの方墳で、出土遺物より金鈴塚古墳の後に築かれた7世紀前半の古墳と見られている。上総の板附古墳群では最後の前方後円墳が不動古墳(墳長63m)で、近くに不動古墳に続いて築造された7世紀初頭の一辺60mの駄ノ塚古墳がある。

 

下総の最後の前方後円墳は竜角寺古墳群(印旛郡栄町)にある浅間山古墳(墳長78m)である。浅間山古墳の南東1kmにある竜角寺岩屋古墳は一辺78mの大形方墳で、砂岩の切石積み横穴石室をもっており、浅間山古墳に続いて築造されたと見られている。浅間山古墳の南東にある龍角寺からは、三重圏線文縁単弁蓮華文軒丸瓦が出土しており、大和の山田寺で649年まで造られた瓦を祖型としており、創建は650年~660年と見られている。本尊の薬師如来坐像は山田寺の本尊と同様の作風を持っている。

 

下総で山田寺式(子葉を持つ単弁式)文様の瓦が出土したのは、龍角寺の他に長熊廃寺(佐倉市)、木下別所廃寺(印西市)、名木廃寺(成田市)、龍正院(成田市)、木内廃寺(香取市)、 龍尾寺(八日市場市)があり、上総では法興寺(夷隅郡岬町)、今福廃寺(市原市)、二日市場廃寺(市原市)がある。上総・下総で寺院が造られたのは650年以降のことであり、TK209古(580年~600年)の時代まで多くの前方後円墳の築造が行われたのであろう。

 

群馬県前橋市総社町には総社古墳群があり、最後の前方後円墳は6世紀末の築造といわれている二子山古墳である。二子山古墳に続いて3基の大型方墳が、愛宕山古墳・宝塔山古墳・蛇穴古墳の順で築造されている。7世紀前半の築造された愛宕山古墳(一辺56m)の横穴式石室は自然石で出来ているが、7世紀第3四半期の宝塔山古墳(一辺60m)と7世紀第4四半期の蛇穴古墳(一辺39m)の横穴式石室は、安山岩の切石積みで出来ている。

 

宝塔山古墳・蛇穴古墳の南西1kmにある山王廃寺は7世紀後半に創建された群馬県(上野)最古の寺院の一つである。山王廃寺は塔心礎や石製鴟尾、根巻石が残り、「放光寺」という文字を刻んだ瓦が出土したことから、山ノ上碑(高崎市山名町)に記された「放光寺」が山王廃寺であることが分かった。山ノ上碑はその銘文より681年に建立されたことが分っており、山王廃寺の創建は670年代であると考えられている。山王廃寺の創建瓦は山田寺式系の軒丸瓦で663年以降のものと見られており、山ノ上碑の銘文より想定される創建と合致している。宝塔山古墳・蛇穴古墳の築造時期と山王廃寺の造営時期が重なっていることから、寺院を造った豪族の墓が総社古墳群であると考えられている。前方後円墳終焉後の大型方墳の登場は、蘇我氏との関わり、仏教・寺院の関わりがあると考えられている。


60-6.畿内と東国の最後の前方後円墳 [60.古墳時代の終焉]

畿内ではTK43(550年~580年)の時代に、概ね前方後円墳の築造が終焉を向かえている。しかし、TK209の須恵器が出土し最後の前方後円墳と思われるのが、桜井市穴師にある珠城山古墳群(1号~3号)の1号墳(墳長50m)と3号墳(墳長45m)である。両古墳共に墳丘には埴輪が据えられ、埋葬施設は横穴式石室で1号墳は現存し公開されているが、3号墳は開発により墳丘共々消失している。珠城山古墳群は2号墳→1号墳→3号墳の順に築かれたと見られている。

 

珠城山3号墳より出土した馬具の金銅製杏葉は、心葉形の鉄地板に透彫りの薄板を重ね、縁板を多数の笠鋲で留めてある。群馬県高崎市の綿貫観音山古墳(TK43出土)からも同じ金銅製杏葉が出土している。綿貫観音山古墳の透彫りの模様が左右に対称的の唐草文様に対し、珠城3号墳のものは左右に対称的に向き合う鳳凰文に、さらに精緻な線刻で文様を描いており、綿貫観音山古墳のものよりも時代的に新しいものであると感じられる。大和で最後の前方後円墳は珠城山3号墳で、TK209古(580年~600年)の時代と言えよう。珠城山3号墳から南西1kmに最古の大型前方後円墳と言われる箸墓古墳がある。箸墓古墳の時代から珠城山3号墳の時代まで、約330年の年月が経っている。

 

Z164.金鈴塚古墳.png古墳後期後半の前方後円墳の数が最も多い千葉県(上総・下総)では、概ねTK209古(580年~600年)の時代に前方後円墳の築造が終焉を向かえており、最後の前方後円墳は千葉県にあると考えられる。上総の最後の前方後円墳候補は長須賀古墳群(木更津市)にある金鈴塚古墳(墳長90m)である。この横穴式石室からは大刀・甲冑・馬具・金銅製金具・飾履・鏡・銅椀・金銀製品・須恵器などおびただしい副葬品が出土し、奈良県の藤ノ木古墳に匹敵するほどである。その中に純金製の鈴が5個あったことから、金鈴塚古墳という名前が付けられた。金銅製唐草透彫金具や承台付銅椀などの副葬品から7世紀初頭の築造と考えられている。

 

下総の最後の前方後円墳候補は竜角寺古墳群(印旛郡栄町)にある浅間山古墳(墳長78m)である。埋葬施設は副室構造の横穴式石室で、前室と後室の入り口には玄門があり、これらの壁や門柱石には白土が塗られている。後室には箱式石棺があり、前室からは漆膜の断片が多量に出土し漆塗木棺があったものと推定されている。副葬品は冠・大刀・挂甲・馬具・飾履・須恵器などである。冠は金銅製と銀製の二つがあり、金銅製の冠は連珠文と唐草文の透彫りで、法隆寺金堂釈迦三尊像の脇侍の光背の文様と同じである。金銅製馬具の杏葉には毛彫り(線彫り)された文様があり、仏教美術に通じるものである。これらの副葬品より、7世紀初頭の築造と考えられている。

 

群馬県(上野)で最後の前方後円墳候補は、高崎市にある八幡観音塚古墳(墳長97m)で、墳丘には円筒・器財・人物・動物埴輪がある。横穴式石室の石室長は15mで、50トン以上の天井石など多くの巨石が使われており、その石積の技術は大和の影響を受けたものではないかと考えられている。八幡観音塚古墳からは、大刀・挂甲・馬具・鏡・銅椀・須恵器など、300点を越える副葬品が出土している。仏具に由来する承台付銅椀や金銅透彫杏葉の形と文様が法隆寺金堂釈迦三尊像の脇侍の光背と同じであることから、仏教文化の影響を受けた7世紀初頭の築造と考えられている。

 

最後の前方後円墳候補として、大和では珠城山3号墳、上野では八幡観音塚古墳、上総では金鈴塚古墳、下総では浅間山古墳を取り上げた。これらの古墳に共通するものは、金銅製の馬具や飾具に透かし彫りの技術が見られることだ。飛鳥時代には、透かし彫りの技術は仏像や寺院装厳具の製作に生かされたのであろう。前方後円墳の終焉は寺院建築の普及と大きく関わっているのであろう。

 

Z165.透かし彫り技術.png

60-5.終末の前方後円墳を探す [60.古墳時代の終焉]

前方後円墳が600年には終焉を向かえるとすると、終末(古墳時代後期後半)の前方後円墳はどれであろうか。終末の前方後円墳はTK43あるいはTK209の須恵器を出土する古墳となるが、古墳から出土する全ての須恵器の型式が分っているわけでもない。そこで、後期古墳および終末期古墳から出土する須恵器の器種(提瓶・平瓶・長頸壺・台付長頸壺)について、須恵器の型式別に層別した。また、飛鳥時代(TK217古・飛鳥Ⅰ新)から登場した、宝珠つまみ付き杯(G杯)の原型となった銅椀も調べ表Z163にまとめた。ひとつの古墳から複数の型式の須恵器が出土している場合、型式が離れている場合は古い型式に層別し、前後する2型式が出土している場合は、その数を0.5に按分して層別している。

Z163.須恵器と銅椀.png表163において、台付長頸壺が墳時代後期後半の指標となることは明らかである。平瓶のTK10/MT85にある2個はMT85でありTK43に近いものと判断し、平瓶を古墳時代後期後半の指標とした。銅椀のMT15は佐賀県唐津市の島田塚古墳、TK10は熊本県宇城市の国越古墳、奈良県天理市の星塚2号墳のものである。この3例は一般的に銅椀が普及する以前に、朝鮮半島から入手したもので例外として、銅椀を古墳時代後期後半の指標とした。また、古墳時代後期後半や終末期古墳には切石を使った横穴式石室が登場する。切石積みの横穴式石室を指標とした。全国の前方後円墳をTK43・TK209・平瓶・台付長頸壺・銅椀・切石の要素でシービング(篩い分け)をすると、147基の古墳後期後半(6世紀後半)の前方後円墳が明らかになった。

近つ飛鳥博物館の『考古学からみた推古朝』には、畿内と東国の終末の前方後円墳が記載されているが、末尾の表164にはそのほとんどが網羅されている。表164で古墳後期後半の前方後円墳を府県別でみると、関東・東北では福島3、栃木7、群馬14、茨城5、千葉25、埼玉7、東京1、神奈川1、東海・中部・北陸では愛知5、長野1、福井2、近畿では三重4、滋賀3、京都2、奈良18、大阪8、兵庫4、和歌山2、中国では岡山6、広島1、鳥取県10、四国では香川1、愛媛4、高知1、九州では福岡7、佐賀3、大分1、宮崎1である。

古墳後期後半の前方後円墳が都道府県で最も多いのが千葉県の25基で、要素としては平瓶が9基、TK209が7基、切石積が7基、銅椀4基である。(ひとつの古墳で重複しているものもある。)第2位が奈良県18基で、TK43が12基、台付長頸壺5基である。第3位が群馬15基で、切石積5基、銅椀5基である。一概には言えないが概ね、奈良県(大和)ではTK43(550年~580年)の時代に、千葉県(上総・下総)ではTK209古(580年~600年)の時代に前方後円墳の築造が終焉を向かえたのであろう。

北関東(東国)に古墳後期後半の前方後円墳が多いのが気になるところである。北関東の前方後円墳から銅椀が多く出土するのは、仏具として舶載あるいは生産された銅椀が、威信財として大和王権から北関東の豪族に配布されたものであると考える。近畿においては、銅椀は仏具として用いられ、古墳の副葬品となることは少なかったのであろう。北関東では古墳後期後半には、栃木は凝灰岩、群馬は凝灰岩と角閃石安山岩、千葉は砂岩の軟質石材の切石積横穴式石室が登場している。近畿で切石造りの横穴式石室は花崗岩・閃緑岩等の硬質石材で造られている。前方後円墳の埋葬施設が切石造りであるのは、天理市の岩屋大塚古墳のみであるが、前方部の羨道が残っているだけで、後円部にある石室と前方部石室にある石室は破壊されており、定かな資料ではない。近畿の切石造り横穴式石室が登場するのは、前方後円墳が終わった終末期古墳からと言える。なお、近畿で凝灰岩等の軟質石材での切石積で造られたのは、高松塚古墳・キトラ古墳に見られるように横口式石槨であり、花崗岩による切石造り横穴式石室の後の時代となる。

Z164.終末前方後円墳関東.png
Z164.終末前方後円墳関西.png

60-4.古墳後期と飛鳥の須恵器編年 [60.古墳時代の終焉]

古墳時代後期の須恵器の編年において、その実年代(西暦○○年)を確定する手がかりは以外と少ない。埼玉県行田市にある稲荷山古墳から出土した金象嵌鉄剣には「辛亥の年7月中に記す・・・」とあり、辛亥の年は471年と考えられている。埼玉稲荷山古墳の造出しから出土した須恵器はTK23・TK47と判定されている。奈良県明日香村の飛鳥寺の下層からTK43の須恵器片が出土している。『日本書紀』には崇峻元年(588年)に「飛鳥衣縫造の先祖樹葉の家を壊して法興寺を作り始めた。この地を飛鳥の真神原と名付けた。」とあり、TK43は588年の直前か、その少し前の年代と見られている。

Z160.杯の変遷4.png古墳後期から古墳終末期(6世紀から7世紀)の須恵器の編年は、杯(杯身・杯蓋)の法量・形状に注目して行われている。杯の変遷からすると大きな画期は、TK217古=飛鳥Ⅰ新の段階から宝珠つまみ付き杯(杯G)が登場することである。杯Gは図Z160にみられるように、杯蓋に宝珠つまみとカエリが付いていて、杯身の口縁にカエリがない。それまでの杯(杯H)は、杯身の口縁にカエリという部分があり、その部分に杯蓋が被さるように出来ており、杯蓋の口縁にはカエリはない。なお、飛鳥Ⅲからは杯Gに高台の付いた杯Bが登場し、古墳時代以来の杯H(カエリ付き杯身)が消滅する。

大阪狭山市にある狭山池は、『書紀』にも記載がある我が国最古のため池である。平成の改修工事の発掘調査で、コウヤマキの丸太を刳り抜いた樋管が発見された。このコウヤマキの樋管は年輪年代法の測定より、616年(推古24年)に伐採された木材であることが確定された。この樋管が埋められていた地層にある池尻遺跡、その地層の上に築かれた堤防上に作られた須恵器の窯(狭山池一号窯)から出土した須恵器はTK217型式の古層段階(飛鳥Ⅰ併行)であった。狭山池一号窯(616年+α)の灰原からは、わずかである宝珠つまみ付き杯(G杯)が出土している。

豊浦寺の軒丸瓦を焼成した隼上り窯跡(京都府宇治市)の2号窯から、少量のG杯が出土している。豊浦寺の発掘調査では、豊浦寺下層や周辺から宮殿跡と思われる掘立柱建物や石敷が発見され、豊浦寺は推古天皇の豊浦宮(592年~603年)の跡に建てられたと考えられている。『書紀』推古36年(628年)の記事に、聖徳太子の息子の山背大兄王が「以前に叔父(蘇我馬子)の病を見舞おうと、京に行って豊浦寺に滞在した。」とある。蘇我馬子は推古34年(626年)に亡くなっている。これらより豊浦寺の創建は603年から626年の間であることが分る。狭山池一号窯と隼上り窯2号窯から、TK217古=飛鳥Ⅰ新の始まり、宝珠つまみ付き杯(杯G)の登場は620年と比定することが出来る。

飛鳥の山田寺跡(桜井市山田)の整地層やその下層から飛鳥Ⅰの新しい段階の須恵器が出土している。山田寺は『聖徳法王定説』の裏書から辛丑年(641年)に造営が開始されたとしている。明日香村甘樫丘東麓遺跡の焼土層から飛鳥Ⅰの新しい段階の須恵器が出土している。この遺跡の焼土層は645年の乙巳の変で焼かれた蘇我氏邸宅のものと推定されている。明日香村の水落遺跡から飛鳥Ⅱの新しい段階の須恵器が出土している。この遺跡は斉明6年(660年)に中大兄皇子が設けた漏剋(水時計)の跡と考えられている。この漏剋は天智6年(667年)の近江遷都、あるいは天智10年(671年)の近江での漏剋設置まで使われていたと考えられている。

 Z161.須恵器の編年(完).png

これらを基本として、「41-5。須恵器の編年表」に示したものと重ね合わせて、須恵器の編年に実年代を定め表Z161に示した。新たに定めた年代は、TK10・MT85(520~549年)、TK43(550~579年)、TK209(580~619年)、TK217(620~669年)であり、飛鳥編年は飛鳥Ⅰ(600~639年)、飛鳥Ⅱ(640~669年)と定めた。飛鳥Ⅲの年代は表示していないが、TK217と飛鳥Ⅱの後の670年以降となる。なお、表162に飛鳥時代の宮と須恵器の編年表を重ね合わせてみた。

Z161-Z162.須恵器の編年(完).png

60-3.須恵器の杯は年代のものさし [60.古墳時代の終焉]

Z154.須恵器編年古墳後期.png須恵器は「年代のものさし」といわれ、遺跡より出土した須恵器の型式を判別することにより、遺跡の年代を比定している。須恵器編年でよく用いられるのが、田辺昭三氏がまとめられた陶邑窯編年で、須恵器を焼成する一つの窯の資料を1型式(TK○○、ON○○、MT○○)として、各々の窯の操業時期の相対的な年代を編年している。また、奈良文化財研究所の西弘海氏は、飛鳥・藤原京域から出土する須恵器の型式を飛鳥Ⅰから飛鳥Ⅴ期に編年(飛鳥編年)している。陶邑窯編年と飛鳥編年については、近つ博物館の『年代のものさしー陶邑の須恵器』にある「須恵器編年対照表」の一部を図Z154に示した。


古墳後期から古墳終末期(6世紀から7世紀)の須恵器の編年は、杯(杯身・杯蓋)の法量・形状に注目して行われている。法量とは容量のことで、杯身の口径と高さにより決まる。形状の中で特に注視されているのが、「カエリ」という杯身の口縁部にある立ちあがり(杯蓋の噛み合わせ部分)の形状(高さ・角度)である。「古墳時代須恵器編年の限界と展望」の論文を書かれた植田隆司氏は、それらをまとめ「杯身法量の変遷」図155と「杯身立ち上がり形状の変遷」図156に示している。なお、これらの測定値は図157に依っている。


Z155-157.須恵器編年杯.png

杯(杯身・杯蓋)の法量・形状でみると、古墳後期・古墳終末期の須恵器はTK23・TK47、MT15・TK10・MT85、TK43・TK209古、TK209新・TK217古、TK217新の5グループに分けることが出来る。私はTK209を、TK43に近いTK217古と、TK217古に近いTK209新に2分した。私は横穴式石室の形状(両袖式・片袖式・無袖式)の変遷を須恵器の型式別に層別したが、その中で、TK209・TK217と飛鳥I・飛鳥Ⅱ・飛鳥Ⅲの関係が表158のように現れる。飛鳥Ⅰも古・新と2分されるとするならば、TK209新=飛鳥Ⅰ古であり、TK217古=飛鳥Ⅰ新であり、TK217新=飛鳥Ⅱ、飛鳥ⅢはTK217新以降であると言える。


Z158.飛鳥編年.png


Z159.古墳時代後期編年.png近畿の横穴式石室資料集成」には、飛鳥Ⅰの型式の須恵器を出土する古墳が145基記載されているが、前方後円墳は皆無である。このことより、TK217古=飛鳥Ⅰ新から飛鳥時代が始まったと考えられる。古墳後期・古墳終末期を須恵器で編年すると、TK23・TK47は古墳中期後期の併行期、MT15・TK10・MT85は古墳後期の前半、TK43・TK209古は古墳後期の後半、TK209新・飛鳥Ⅰ古から古墳終末期となりは飛鳥時代の始まりである。表Z159にこれらの関係を示した。次節ではこれらに実年代(西暦○○年)を与えて見る。



60-2.前方後円墳の終焉と共に埴輪も消滅した [60.古墳時代の終焉]

古墳時代後期の指標は、横穴式石室と埴輪型式V期であり、須恵器の型式でみるとTK23以降である。Web「遺跡ウォーカー」と「近畿の横穴式石室資料集成」から、古墳時代後期の前方後円墳を須恵器の型式別に探し表Z152にまとめた。古墳後期の前方後円墳の数は多数あるが、型式が明確な須恵器が出土している古墳は意外と少ない。横穴式石室の場合、追葬が行われていることが多く、一つの石室から複数の型式の須恵器が出土している。複数の型式の須恵器が出土している場合、型式が離れている場合は古い型式に層別し、前後する2型式が出土している場合は、その数を0.5に按分した。また、一つの古墳に複数個の石室(主体)が存在する場合は、最も古い石室から出土した須恵器で判定している。

 

Z152.須恵器と前方後円墳.png表152からは、前方後円墳はTK209の時代に終焉を迎え、TK217の時代には造られてないことが分る。前方後円墳の埋葬施設が横穴式石室である比率を見ると、時代が降る程高まっていることが分る。前方後円墳が造られなくなったTK217の時代には、方墳・円墳・八角墳が造られ終末期古墳と呼ばれているが、これらの埋葬施設の殆どが横穴式石室・横口石槨である。前方後円墳に埴輪が据えられる比率は時代が降る程、比率が減少している。終末期古墳には埴輪は一切据えられておらず、埴輪は古墳時代、前方後円墳の時代の終焉と共に消滅している。

 

古墳時代後期の古墳の指標は横穴式石室であるが、横穴式石室の形状には両袖式・片袖式・無袖式の形がある。これら横穴式石室の形状の変遷を須恵器の型式別に層別し表153にまとめた。なお、表にある飛鳥Ⅰ・飛鳥Ⅱ・飛鳥Ⅲは、奈良文化財研究所の西弘海氏によって提唱された飛鳥時代以降の須恵器の型式編年である。表より、横穴式石室の形状は時代が降る程、片袖式が無袖式に変わっていく様子が伺える。無袖式は羨道幅と石室幅が同じであり、両袖式・片袖式より石室(玄室)が小さくなっていったことを示している。なお、終末期古墳には羨道幅より石室幅が小さくなり、石室が石棺を兼ね、内部に木棺や乾漆棺が納められた横口式石槨が登場している。奈良県明日香村の高松塚古墳・キトラ古墳などが代表的な例である。

Z153.横穴式石室の変遷.png

60-1.敏達天皇陵は最後の前方後円墳陵 [60.古墳時代の終焉]

古墳時代は前方後円墳が築造された時代と定義されている。この定義に従えば、最古の大型前方後円墳とされている箸墓古墳(墳丘長276m)が築造された時代が古墳時代の始まりということになる。国立歴史民俗博物館(歴博)は、箸墓古墳周辺から出土した土器に附着した炭化物の炭素14年代測定を行い、箸墓古墳の築造年代が240年から260年であるとした。歴博が導きだした箸墓古墳の築造年代は、考古学で編年が明らかにされている9型式の土器に附着した炭化物の炭素14年代と、日本産樹木の年輪に基づいた炭素14年代とをマッチングさせた結果であり、確かなものである。

 

『日本書紀』崇神9年の記事に、「倭迹迹日百蘇姫を大市に葬る。その墓を名付けて箸墓という。昼は人が造り、夜は神が造った。大阪山の石を運んで造る。山より墓にいたるまで、人民が手渡しに運んだ。」とある。箸墓古墳のある桜井市箸中は、中世までは大和国城上郡大市郷と称されており、倭迹迹日百蘇姫の墓が箸墓古墳であることは確かである。「縮900年表」によると、崇神9年は259年にあたり、歴博が炭素14年代測定から導き出した箸墓古墳の築造年代の240年から260年と合致している。

 

歴代の天皇陵について表Z150に掲げる。表の天皇の即位は「縮900年表」に依っている。天皇陵の治定は江戸時代・明治時代に成されたものであるが、その治定ついては考古学的な見地、埴輪型式からみて仲哀天皇陵・履中天皇陵・継体天皇陵のように疑問符が付けられるものもある。天皇陵でみると最初の前方後円墳は崇神天皇陵(行燈山古墳)であり、最後の前方後円墳は敏達天皇陵(太子西山古墳)である。敏達天皇以降の天皇陵は方墳・円墳・八角墳となっており、古墳時代は敏達天皇陵が造られた時代に終焉を迎えたことが分る。

Z150.天皇陵と墳形.png


Z151.磯長谷1.png敏達天皇陵については、『書紀』には「磯長陵」、『古事記』には「御陵は川内の科長に在り」、『延喜式』には「磯長中尾陵、河内国石川郡に在り」とあり、大阪府南河内郡太子町大字太子にある太子西山古墳(前方後円墳:墳丘長93m)に治定されている。敏達天皇陵については、『書紀』崇峻4年(591年)に「敏達天皇を磯長陵に葬りまつった。これはその亡母の皇后が葬られている陵である。」とある。「亡母の皇后」とは欽明天皇の皇后・石姫である。敏達元年(572年)の記事には「石姫皇后を皇太后と申し上げた。」とあることから、572年には石姫は生存していたことが分る。これらより、敏達天皇の磯長陵の築造年代は572年から592年の間にあること考えられる。敏達天皇陵のある磯長谷には、用明天皇陵の春日向山古墳(方墳:65x60m)、推古天皇陵の山田高塚古墳(方墳:59x55m)、聖徳太子墓の叡福寺古墳(円墳:直径54m)がある。

 

『書紀』によれば、欽明32年(571年)4月に欽明天皇が崩御し、5月に河内の古市で殯があり、8月に新羅が弔使を派遣してきて殯に哀悼を表し、9月に檜隈坂合陵に葬られたとある。これらからすると欽明天皇の檜隈坂合陵は、敏達天皇の磯長陵より少し前の時期に造られたことになる。欽明天皇陵は奈良県高市郡明日香村大字平田にある平田梅山古墳(前方後円墳:墳丘長140m)に治定されている。

 

平田梅山古墳の北800m、奈良県橿原市見瀬町・五条野町・大軽町にある見瀬(五条野)丸山古墳は墳丘長318mの前方後円墳で、全国で第6位の古墳規模である。埋葬施設は自然石を用いた両袖式横穴石室で、石室長は28.4mで横穴式石室としては最大のものである。見瀬丸山古墳は江戸時代には長らく天武・持統合葬陵とされていた。それは石室には二つの石棺が安置されていることが知られていたからである。しかし、新たに発見された資料により、天武・持統陵は平田梅山古墳の西600mにある野口王墓古墳(八角墳:東西58m)に治定され直されている。平成3年見瀬丸山古墳の石室の写真が新聞に公表された。これは近くに在住の人が偶然石室の中に入り、写真に撮ったものである。この写真には、石室の中に二つの石棺が写っている。翌年に宮内庁書陵部による開口部の閉塞工事にあわせて簡単な実測調査が行われたが、採集された須恵器片はいずれもTK43型式のものであった。『書紀』推古20年(612年)の記事には、「皇太夫人堅塩媛を檜隈大陵に改葬した。この日、軽の往来で誄(しのびごと)の儀式を行った。」とある。見瀬丸山古墳の被葬者が欽明天皇であるという考えが強まってきている。


59-13.聖徳太子の命日を解く [59.聖徳太子は実在し伝承されていた]

聖徳太子の薨日については、『書紀』は推古29年(621年)2月5日としている。しかし、『上宮聖徳法王帝説』、法隆寺の釈迦三尊像光背銘、中宮寺の天寿国繍帳銘は、推古30年(622年)2月22日となっている。『法隆寺東院縁起』には、天平8年(736年)2月22日の聖徳太子の忌日に、太子のために法隆寺で法華経講会がはじめて開催していることが記載してある。これらより、聖徳太子の薨日は推古30年(622年)2月22日が定説化している。


『書紀』は何故、推古29年2月5日を聖徳太子の薨日としたのであろうか。聖徳太子の薨去の記事には、「この時、既に高麗に帰国していた恵慈が、上宮皇太子が薨じたことを聞き、僧を集め斎会を設け、経を説き請願した。『日本国に聖人有り、上宮豊聡耳皇子という。天から奥深い聖の徳をもって、日本国に生れた。中国の夏・殷・周三代を包み越えるほどの立派な聖王である。三宝を恭敬し、もろもろの厄のもとを救い、実に大聖なり。太子が薨じたいま、我は国を異にするとは言え、心の絆は断ち難い。独り生き残っても何の益もない。我は来年の2月5日に必ず死に、浄土に於いて上宮太子とお会いして、共に多くの人に仏の教えを広めよう。』と言った。そして、恵慈はその期日通りに亡くなったので、人々は『上宮太子だけでなく、恵慈もまた聖である。』と言った。」と記載されている。


この文章が史実であったとは思えない。云うまでもないことであるが、「来年の2月5日に必ず死に」がなされるためには、上宮皇太子が薨じた情報が、その年のうちに高麗(高句麗)まで届いていなければならない。そのような往来があったような史料はない。だからと言って、これらは『書紀』編纂者が、聖徳太子を偉大なる聖人とするために捏造したとも思わない。これらの文章には、史実が隠されている気がする。

『書紀』には、推古33年(625年)1月7日に、高麗王が僧恵灌をたてまつったので僧上に任じられたとある。この月日は「正月壬申朔戌寅」と記載されている。『三正綜覧』で確認すると、推古33年(625年)1月朔の干支は「丙申」で、1月朔が「壬申」であるのは、推古32年(624年)である。聖徳太子が亡くなった推古30年(622年)2月22日から、2年後の推古32年1月7日に、高麗から僧恵灌が来日しているのである。恵灌は聖徳太子の恩師であった僧恵慈のことを知っており、また来日して聖徳太子が亡くなったことも知ったのであろう。

推古32年1月7日に、高句麗の僧恵灌が来日した時の話を、私は以下のように空想した。「高句麗におりましたとき僧恵慈から、『日本国に聖人有り、上宮豊聡耳皇子という。天から奥深い聖の徳をもって、日本国に生れた。中国の夏・殷・周三代を包み越えるほどの立派な聖王である。三宝を恭敬し、もろもろの厄のもとを救い、実に大聖なり。』と聞いておりました。来日して、その上宮太子が推古30年2月22日に薨去されたと知り、残念でなりません。実は、僧恵慈も上宮太子が薨去された1年前、推古29年2月5日にお亡くなりになっております。お二人の師弟の間柄は、国を異にするとは言え、心の絆は断ち難く、相次いでお亡くなりになったのでしょう。きっと、浄土に於いて恵慈と上宮太子はお会いして、共に多くの人に仏の教えを広めておられるでしょう。」

この話が伝承されていたが、『書紀』編纂者により、聖徳太子の薨日と僧恵慈の命日のすり替えが行われ、恵慈が聖徳太子を追慕して、「来年の2月5日に必ず死に、浄土に於いて上宮太子とお会いする」という文言が作りだされ、偉大なる聖人としての聖徳太子を演出したと考える。これは、『書紀』編纂者が歴史を捏造したのではなく、史実を物語化するために潤色したのであろう。聖徳太子の薨日は、『上宮聖徳法王帝説』、法隆寺の釈迦三尊像光背銘、中宮寺の天寿国繍帳銘に記された、推古30年(622年)2月22日が正しいと考える。


前の10件 | -